1月24日 晴ときどき雪

朝、7時過ぎ、起床。パソコンを立ち上げ、ブログを周回し、事務仕事をひとつ消化し、8時半から1時間半、英単語の勉強。成重寿・妻鳥千鶴子『ゼロからスタート英単語BASIC1400』(Jリサーチ出版)。
朝食に昨日の残りのおでん。ちくわ、がんも、卵、しらたき、ゴボ天、厚揚げ。伊勢で買ってきた海苔の佃煮とご飯。
午前中、三省堂で、田中宇『アメリカ以後 ―取り残される日本』(光文社文庫)を買って、ドトールで読む。1時間強、171ページまで。
午後、図書館まで歩こうと地下街を出たら、雪が舞っていた。極寒。図書館に向かうのはやめて、ジュンク堂へ向かう。田中宇の本を捜して新書の棚を見てまわり、『非米同盟』(文春文庫)、『タリバン』(光文社文庫)を見つけた。米原万里『米原万里の「愛の法則」』(集英社新書)、佐藤優『国家論』(NHK BOOKS)も買う。
午後、外は寒いので、名古屋地下街の喫茶店をはしごしながら、英単語の勉強にかかりきる。小林敏彦『ニュース英語パワーボキャビル4000語』(語研)をunit1からunit35まで流した。3時間半かかった。
夕方、妻と、近所の焼肉屋に歩く。キムチ、生レバーを食べながら、久しぶりに生ビールを飲んだ。これがものすごく美味い。しみじみした口調で「うまいねえ」と言い合う。ハラミ、レバー、セセリ、ホルモン、こぶくろ、とつぎつぎ焼いて、ビールもゴクゴク飲む。ほんとうに美味しくて、なんだかはしゃいだような心持になる。妻も頬がほんのりと赤くなり、なんだかとてもキレイに見える。脳の変調?最後、〆には韓国冷麺。もう満腹なのに、それでもやはり「美味しさ」は衰えない。腰のある冷たく締まった麺の喉越しが気持ちよく、付け合せのプチトマトも爽やかで、幸福な気分で食べ終える。
帰りにマックスバリュに寄り、なぜか菓子の類ばかり買う。ショートケーキ、ダンゴ、卵ボーロ、ベビースターラーメン、かりんとう。それと、Pの餌、レトルトのマグロを、あるだけ買い込む。
家に帰ると、酔い覚めで、体が冷え切っていた。風呂を沸かして、30分ほど浸かり、ようやく人心地つく。妻が取り寄せて今日届いた魔夜峰夫の身辺雑記漫画『親バカの品格』(白泉社)を読み、武田百合子『富士日記(上)』(中公文庫)を少し読み継いで(~P366)、1時前にはベッドに入った。酔い覚めで、なかなか寝付けず、1時間くらい、音楽を聴いて天井を眺めていた。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-01-25 08:31 | 日記  

<< 1月25日 晴 12月12日(金) 晴 >>