2月6日 晴

9時前、起床。成重寿・妻鳥千鶴子『ゼロからスタート英単語BASIC1400』(Jリサーチ出版)を1時間半。朝食は、昨日セブンイレブンで買っておいたサラダと、卵かけご飯。11時過ぎ、家を出て、喫茶店で、小林敏彦『ニュース英語パワーボキャビル4000語』(語研)。unit1からunit50まで、初めて一冊通してやれた。3時間半。時間がかかりすぎているから、明日からはスピードアップをしよう。
午後、橋本治『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』(新潮文庫)の続き、200ページまで。
夕方、新しくデリヘルをやりたいという中古車販売の社長と会う。Aの紹介。同い年くらいだろうか。物腰は柔和だが、目つきは鋭い。
Aの前宣伝が誇大だったらしく、会っていきなり「先生」扱いされる。私は開業の手伝いをするだけで、うまくいくかどうかの責任はもてませんし、じっさい、手伝った店の半分は失敗して潰れてますよ、と牽制しておく。
「つまり、経営者次第ってことですね」と返されて、「はい。風俗はビジネスモデルとしてはごく簡単なんです。あとはオーナーが女の子を扱えるかどうかってことでしかありません」と答える。
風俗をやりたいという人間は、風俗業という仕事に幻想を持っていることが多い。金が儲かって、女(というかセックス、というか射精)に不自由しなくなるんじゃないか、という幻想である。しかしそのすべてが所詮幻想であって、現実は労苦の連続でしかなく、じつにストレスフルな仕事なのだ。そうしたことをかなり強調して説明したのだが、それでもやはりやってみたいという。まあ、それなら、ということで、けっきょく契約することになった。
夕飯は、妻がマックスバリュ(!)で買ってきた揚げ物(クリームコロッケ、かぼちゃコロッケ、ミンチカツ)とキャベツの千切りとポテトサラダ。
パソコンに向かってブログの代行、事務処理など、2時間程。B.G.M.に坂本龍一がセレクトしたグレン・グールド作品集。あえてバッハは避けてセレクトしてあるというもので、最近毎日のように聴いている。
夜、黒沢清監督『CURE』を、久しぶりに観る。間宮の「お前、誰だ?」という執拗な問いに、あらためて慄然とした心地になる。
1時過ぎ、就寝。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-02-07 19:47 | 日記  

<< 2月7日 2月5日 晴 >>