3月2日 月 晴のち曇

昨日は一日ぼうっとしていた。一昨日の夕方から、どこが痛いというわけではないが、何となく調子が悪くなり、今日もずっと体が重く、眠気が取れないでいた。花粉症のせいか、それとも、花粉症の薬の副作用か。鼻が詰ってあまり眠れていないせいだろうか。それとも更年期障害からくる不定愁訴なのか。ただ単に春だからか。
今日は小林敏彦『ニュース英語パワーボキャビル+3000語』を一冊通しでやり、『ニュース英語パワーボキャビル4000語』(語研)に着手するも、unit23までで限界。眠たい。体がだるく、軽く寒気もする。
昼過ぎ、サウナに行き、サウナに入ってから、1時間ほど仮眠を取った。すこしだけ体のだるさが緩和した。
タワレコに寄って何も買わず、中古レコ屋69に寄って何も買わず、ブックオフで細野晴臣『S-F-X』のデジタルリマスター盤が980円で出ていたので即買。ついでに、桜井哲夫『「戦間期」の思想家たち -レヴィ=ストロース・ブルトン・バタイユ』(平凡社新書)、川上未映子『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』(ヒヨコ舎)、辻原登『村の名前』(文藝春秋)を買う。
夜、DVDで安藤裕子のライブを見る。買って一月くらい放置してあった。どこがどういいのかうまく説明できないが(指摘しやすい際立った特長がないので)、やはり好きだ。鼻につくところがない、という消極的な理由で流しているうちに、知らない間に気持ちに寄り添ってくるような感じの楽曲、演奏、声、歌。
聴きながら、桜井哲夫『「戦間期」の思想家たち -レヴィ=ストロース・ブルトン・バタイユ』(平凡社新書)を読む。263ページ読了。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-03-03 20:18 | 日記  

<< 3月3日 曇のち雨 2月28日 晴 >>