3月14日 雨のち晴

午前中は雨、午後になって晴。

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(亀山郁夫訳 光文社古典新訳文庫)、2巻の300ページまで読み進む。そろそろ「渦」の中に巻き込まれ始めた感じで、読み進むにつれ凶暴な心持になってくる。有名な大審問官のくだりを読み終え、すこし息継ぎ、ぶらっと三省堂に行くと、柴田元幸・高橋源一郎『柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方』(河出書房新社)が並んでいた。即買。高島屋のデパ地下で黒豚棒ヒレカツ、PAULでパン、マックスバリュに足を伸ばしジュース、サラダ、漬物を買い、家に帰った。
夜、柴田元幸・高橋源一郎『柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方』(河出書房新社)を読んだ。228ページ読了。妻はネットのアンケートサイトでお小遣い稼ぎをしている。ときどき、「ここ2、3年で観た映画で一番印象に残ってる作品は?」なんて、質問をおれに振ってくる。その度に一瞬読書を中断し、「ええと、『叫び』」などと、反射的に思い浮かんだ答を返し、またすぐに本のなかに戻る、ということを何度か繰り返す。おれは「女脳」なので、何かをしているとき横槍を入れられるのは、べつに苦にならない。パソコンに向かう妻の傍らで、ベッドにもぐりこみ、3時過ぎ、就寝する。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-03-15 11:31 | 日記  

<< 3月15日 晴 3月13日 曇、雨 >>