3月24日 晴

今日もまた風が強く、すこし肌寒い。夜、初対面のスポンサーに会うので、スーツを着て出かける。高橋幸宏、坂本龍一、HASYMOを聴きながら、夜の話を漠然とシミュレーションしつつ、矢場町まで歩いた。矢場町のカフェでココアを飲みながら、ノートを広げ、シミュレーションのつづき。ノートに思いつきをマッピングしながら、細野晴臣、エゴ・ラッピンを聴く。

音楽が体に溜まってくる。名古屋まで歩き、中古CDショップで、『殺し屋1』のサントラを見つける。山本精一が音楽監督をしているやつ。ローラン・ガルニエ『THE CROUD MAKING MACHINE』と、2枚買う。

夜、スポンサーを連れたAちゃんと、名駅で待ち合わせる。Aちゃんの事前情報で、「とにかく「いい人」」であると聞いていたが、現れたのは船越英一郎激似のまさしく「いい人」を図案化したような風貌のおっさんだった。三人で居酒屋に行く。
ビールを飲み、焼き鳥やエビフライ、モツ煮を食べながら、話を進めた。最近のおれは、プレゼンであまりハッタリをきかしたり、相手を煽ったりするようなオハナシはしないことにしている。あえて訥々と「現実」に沿った話をしたほうが、後の面倒がないし、逆に説得力も増すような気もするし、いや、なによりもうテンションを無理に上げるのに嫌気がさしているのである(もっとも、「現実に沿って」といっても、それもあくまでも「演出」でしかないのだが)。
結果的はまずまず。とりあえず即金で200万円振り込んでもらう約束が取れた。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-03-25 20:37 | 日記  

<< 3月25日 晴 3月23日 晴 >>