4月29日 水

世間は今日からゴールデンウィークというところが多いようだ。おれはべつに休みといってやることもなく、仕事といってもこれといった制約のないような、なんのめりはりもない生活をしているので、そういう世間の動きはあまり関係ない。
今日は、午後から、妻と、栄に出た。おれのベルトを買いに行くためである。とりあえずラシックでパスタランチを食し(トマトとモッツァレラチーズのバジリコソース。美味い。4種の前菜も量がたっぷりあって、それぞれに工夫があって○。デザートのパンナコッタは絶品。大満足)、三越でベルトと、ついでに新しいシャツも買った。
スーパーに寄って、食材を買い込み、帰宅。夕方5時くらい。妻は、帰ってすぐに床にごろんと寝ころび、そのまま眠ってしまった。10時過ぎまで眠り続けた。Pがにゃあにゃあ鳴き、ばたばたと走りまわって、寝ている妻の体をとびこえ、しばらく暴れまわっていた。そういえば昨日の朝を最後に、それ以降ウンコをしていない。腹にウンコが溜まると、Pはいつもこういう感じになる。妻が寝て、Pが走り回り、開けっ放しの窓の外では連休第一日目の夜が更けていく。おれは、その全体を感じながら、買ってきた柏餅や黒糖かりんとうを食べながら、テレビで以前に撮っておいたNHKのETV8「鶴見俊輔」を眺めていた。
ホワイトヘッドが最後の講演の最後に言った言葉。なんだと思う?と鶴見俊輔がインタビュアーにあのクリクリとした目で尋ねる。「精密さはフェイク、作り物にすぎない」と、こう言ったんだ。ラッセルと『プリンピキア・マテマティカ』を書いたあのホワイトヘッドが、だよ。こう言って破顔一笑、わははははは、と笑ったのだった。世界の底が抜けて、“下から”光が差し込んでくる、そんな笑いだった。
Pが巨大なウンコをしてようやく落ち着いた頃、妻が目を覚まし、おれは眠たくなって、ベッドに倒れこみ、一日が終わった。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-04-30 09:23 | 日記  

<< 5月3日 晴 4月28日 晴 >>