9月7日 月

朝晩涼しくなった。快適である。夜飯は、厚揚げとガンモ(素焼きにしてしょうが醤油で)、インゲンとオクラ(鰹節とポン酢で和えて)。内容、量ともにたいへんヘルシー。食後も体が重くならない。毎日こんな感じのものでいいなと思う。おれはすぐに腹を壊すから、あまり重々しい食事は控えたほうがいいのだ。

食後、高橋源一郎『13日間で「名文」を書けるようになる方法』(朝日新聞社)を読む。
いい文章を書くには、まず「見る」ことである。対象にまつわる知識や先入観をもたず、ただ何も知らない「部外者」として「見る」ということ。そして、「見て」しまえば、それが何なのかと考えざるを得なくなる。考えるためには言葉が必要になる。文章は、そうした要請に応じて、はじめて紡がれる必然をはらむのである。ほんとうに人に届く文章を書くためには、自分がその文章を書く必然に、まずは至らなければならない。
文章が紡がれる起点となるのは、「部外者として見る」というその体験の地点である、と、著者はそのことを(ほとんどそのことだけを)、くりかえし強調する。

―「語彙をたくさん覚えたり、美しい、あるいはカッコいい、人びとを感心させるような言い回しを使えるようになったりすることと、『名文』を書けるようになることとの間には、なんの関係もないのです。
あなたたちは、この授業が、『文章』を、というか、『名文』を書くことができるようになるための授業なのに、『文章』について触れることが少ないと思っているかもしれません。
というのも、わたしたちの周りにある『文章』は、たいてい、社会的な『サングラス』をかけて書かれているからです。
『文章』を書けば書くほど、人びとは、考えなくなります。というか、『見る』ことをしなくなるのです。
まず、『部外者』として『見る』ことです。
教科書は遠ざけてください。不安にかられて、線を引いてしまうかもしれないから、筆記用具も不要です。
それから、『考える』ことです。その時、あなたたちは、なにかを『考える』ためには、ことばが、『文章』が必要であることに気づくはずです。
それが、すべてのスタートなのです。
なにかを見たら、そのままにしておいてはいけません。たぶん、あなたたちは、すぐに忘れてしまうからです。なにかを比べてみてください。あるいは、結びつけてみてください。
(・・・)
わたしは、わたしが『見る』ことのできたふたつの風景、『ストリップ』と『バレエ』を結びつけてみようとしました。そのことで、自分の知らないなにかを知ることができるような気がしたからです。そのことによって、社会によって、無理矢理かけさせられた『サングラス』を外す術を知ることができるような気がしたのです。
そして、そのためには、どうしても言葉が必要でした。『文章』というものは、必要にかられて書くものです。そのことを、やはり忘れないようにしてください。」

[PR]

by daiouika1967 | 2009-09-08 15:23 | 日記  

<< 9月8日 晴 9月3日 晴 >>