9月23日 水 曇ときどき雨

今日は祭日だったので、水曜のヨガの授業に行く。四週目の水曜日。四週目はいつもハードなメニューをやる。普段は一連のポーズを終えると、句点のように、シャバーサナという、横たわって全身の力を抜くポーズが挿入されるのだが、四週目はその休息の時間がない。今日もきつかった。汗がポタポタ落ちるほどの激しさだった。

歩いて家に帰り、シャワーを浴びて、しばらくベッドに横になる。
夕方から、二時間ほど、テレビのニュースを眺める。べつに特別なトピックがあったわけではないが、最近テレビから遠ざかっていたので、なんとなくニュースに飢えていたのだ。民主党新政権の動きがいくつかレポートされていた。マスコミは、民主政権に、まだ好意的である。

夜、黒沢清対談集『映画のこわい話』(青土社)から、青山真治、万田邦敏、高橋洋との対談を読み返す。
青山真治との対談。青山真治は、『ユリイカ』では、「ある人物」を描こうと思った、と語る。
「人間が深く描けている」という評が、たいていの場合、人間の喜怒哀楽が説得的に(というのは、一定の意外性も含みつつ、結局は理解可能な範囲で予定調和的に)描かれている、ということを指すのに対し、『ユリイカ』で「ある人物を描こうと思った」と青山真治が言うのは、ある人物がある状況のなかである言動や思考を動かす、その動きの必然を精細に描出しようと思ったということを指している。
その「動きの必然」を、青山真治は「歴史」と呼び、黒沢清は「運命」と呼ぶ。その辺りのふたりのやりとりを抜粋する。

黒沢清「自分がそれまで生きてきた、若者なら短く中年なら僕と同じく三十年といったなかで、こんなところに来てしまっている、こんなことになってしまっていることにはたと気づく瞬間が無意識のうちにドラマの中に盛り込まれているかなという気はしています。歴史はわからない。運命的ではある、それは狙ってないんだけれど。起こっている出来事に反応する俳優の芝居なんかも、露骨に運命という言葉は使わないけど、なんか運命的な反応として演じてもらいたいというのはありますね。事件はなぜかわからないけど起こった、時の流れはそういうことだったのかという感じに見えたいよねという思いはあります。」
青山真治「黒沢さんがおっしゃっているその『運命』というのを僕は『歴史』と呼んでいるような気がします。つまり、それらは両方ともシステムだと思うんです。こちらが受け取る受け取らないにかかわらず在る、そのシステムが作動する様を見ているんだという気がするんです。」


現実は、つねに、「なぜかわからないけど起こった」、というように起こる。起こったことには、対応しなくてはならない。「時」はつねに流れており、「私」もまたその「流れ」のなかでしか存在しえない。
私はなぜ彼や彼女と敵対し、彼や彼女と徒党を組んでいるのか。私はなぜここにいて、あそこにいないのか。私はなぜこんなことになってしまっているのか。ふと違和を覚える瞬間があり、その瞬間を捉えることが、すべての表現の原初になる。

今日の出費。昼飯代2400円。ミスド500円。計2900円。別財布から。
朝食、菓子パン、キャベツ。昼食ハンバーグ定食。夕食、豚キムチ炒め、シメジと若布の味噌汁、栗ご飯、ニンニクの紫蘇漬け。

f0137098_22492489.jpg
f0137098_22493360.jpg
f0137098_22494174.jpg
f0137098_22494828.jpg
f0137098_22495730.jpg
f0137098_2250453.jpg
f0137098_22501191.jpg
f0137098_22501852.jpg
f0137098_22503075.jpg
f0137098_22503867.jpg
f0137098_22504687.jpg
f0137098_22505385.jpg

f0137098_225118.jpg
f0137098_2251828.jpg

[PR]

by daiouika1967 | 2009-09-23 22:56 | 日記  

<< 9月24日 木 晴 9月22日 火 曇ときどき雨 >>