12.2 水 晴

■青が冷たいような空。天気がよすぎてどうしよう?(@電気グルーヴ)と戸惑うような晴天。
昨日からの無駄なほどの元気が今日もまだ漲っている。歩いて事務所に向かう一時間、足が急く。急ぐ理由はなく、ただ身体の時間が急いているのだ。無駄な速足で、ヘッドフォンからはムーンライダーズ「TOKYO7」が流れてくる。爽快だ。そして、すこし苛立ってもいる。

■出勤前の一時間、昼休憩の一時間、喫茶店で、松岡正剛『日本流』(ちくま学芸文庫)を読む。二時間で、半分くらいを読み進む(いま、この日記を書いている3日に、残り半分を読み了えた)。

「歌を忘れたカナリヤ」は西条八十が雑誌『赤い鳥』に発表した詩に、成田為三が曲をつけた「童謡」のワンフレーズである。
-「巷間によく知られるように、『かなりや』は『唄を忘れた金糸雀は・後ろの山に棄てましょか』と始まって、『いえいえ・それはなりませぬ』と短く続きます。二番が『唄を忘れた金糸雀は・背戸の小薮に埋けましょか』とあって、ふたたび『いえいえ・それはなりませぬ』と打ち消している。三番はやや過激に『唄を忘れた金糸雀は・柳の鞭でぶちましょうか・いえいえ・それはかわいそう』となり、最終節で三たび『唄を忘れた金糸雀は』と始まるのですが、そこで歌詞も曲調もガラリと変わって、『象牙の船に 銀の櫂/月夜の海に浮かべれば/忘れた唄をおもいだす』というふうに結ばれる。そういう歌です」。
松岡正剛はこの唄を聴くと、「いまでもなんだか胸がつまってしまいます」と続ける。
雑誌『赤い鳥』を舞台に、三木露風、北原白秋、西条八十、野口雨情らが「童謡」を書いた、その時代心情について、松岡正剛はこう論じている。
-「この時代は、ようするに白樺派と大正デモクラシーと竹久夢二で始まり、関東大震災と大杉栄虐殺の大正十二年(1923年)をへて、ラジオやカフェや早慶戦や円本に象徴される昭和初期には未曾有の大衆文化の爆発を迎えるものの、昭和五年(1930)に世界恐慌の波を受けて大きく変質し、小林多喜二が虐殺される昭和八年(1933年)までにはすっかりその姿を消してしまった『ある社会・ある文化』というものを象徴しています。そのなかで童謡が生まれ、軍歌の波及とともにいったん消えていった。
鈴木三重吉らはこのわずかな時代の息吹の噴出する気配をとらえ、世界にもめずらしい童謡運動をおこしてみせたのです。それは、子供の読みものが低劣になってきたことに対する反発とともに、明治四十三年に制定された尋常小学校唱歌の動向のおかしさに敏感に反応したものでありました。
明治の唱歌は最初は西洋の真似に始まり、小山作之助や滝廉太郎や山田耕作の出現によってやっと日本の歌がつくれるようになったのに、文部省は明治末には時代を逆行するような尋常小学唱歌に切り替えようとしたのです。
三重吉も、白秋も八十も雨情も、この動向に反旗を翻したわけです。
その時代心境を絶妙な哀切にのせ、作曲家たちもみごとにこれに応えて、直截に子供たちにぶつけてみせました。それゆえ、日本の童謡というものはほんとうにわずかな機会をとらえ、まるで日本社会の隙間のようなところから芽生え、互いに連鎖し、爆竹のように連打されたものだったといえます」。

松岡正剛は、最近の日本を、「歌を忘れたカナリア」になっているような気がする、という。
「歌」とはどんな「歌」か。「カナリヤ」はどんな歌を思い出すべきなのか。

さて、「日本流」とは、どんな流儀なのか。日本流とは、いわば多様性を連鎖させていく一途、といった流儀のことだ。この「一途な多様性」を駆動させるのは、「デュアル・スタンダード」な論理操作である。しかし、ここでは、松岡一流の「日本流」尽くしを引用する。そのほうが、「日本流」の観念が、より彷彿とする。
-「たとえば、日本のどの町にもラーメンやカレーの店がやたらに多くて、ホテルの朝食にトースト派と味噌汁派の両方が用意されるのがおもしろいのです。スパゲッティ専門店が箸を出すのもおもしろい。宿泊産業界がホテルと和風旅館に分かれているのにも気にいっています。
日本中に狭い川がいっぱいあること、日本語の表記にふりがなやルビがあること、男だけの歌舞伎と女だけの宝塚があること、ホタルや花火に日本人が同じような思いをもっていること、落語という高座芸能が残っていること、小学生のランドセル姿よく似合うこと、農家のおばさんがやたらによく笑うこと、高倉健がパソコンのコマーシャルにひっぱりだされたこと、少女マンガという格別なジャンルがあること、和菓子がとてもきれいであること、こういうこともとてもおもしろい。
それから、なぜだかみんなが漱石だけは好きなこと、てりやきバーガーとかコロッケパンとかをすぐに工夫すること、ハンコや名刺や賀状が好きなこと、日本サッカー協会のマークが三本足のカラスであること、禅僧がまだたくさんいること、携帯電話のストラップが根付に似てきたこと、文庫本や新書本が多いことも、おもしろい。
さらには、パーティの記帳だけはなぜか筆や筆ペンが使われること、美輪明宏がシャンソンと童謡を並べて唄うこと、デジカメ以前からたいていの人が写真が上手であること、神輿を担いでいるのを見るとワクワクしてくること、大阪の家庭の七割以上がたこ焼き器をもっていること、団扇や扇子をもっている人がうらやましく見えること、イッセーや川久保玲のコム・デ・ギャルソンががんばっていること、受話器の前でおじぎをしながら挨拶をしていること、こういうことが大好きなのです。
それだけではなく、日本の曖昧な言葉づかいも、人前でしゃべるのがヘタなところも、すぐに根回しをするのも、芸能人がやたらに泣き出すことも、日本人が貯蓄をしすぎるところも、なかなか大きな家に住もうとしないところも、けっして悪くない。
これらはふつうは日本の評判のよくないところとされているけれど、そしてオランダのジャーナリストのカルル・フォン・ウォルフレンのように、そういうことが日本という国を幸福にしていないのだという指摘もあるのですが、私は必ずしもそうは思ってはいません。もうちょっと深いところでとらえたい」。


さて、この本は「日本流」をめぐり、「職人」「ネットワーカー」「仕組」「趣向」「見立て、アナロジー」「おもかげ」「うつろい」「わび」「さび」「あわせ」「間」「型」といった観念、事象をめぐっていく。
内田樹『日本辺境論』で、日本、日本人は、つねに自らを、「中心」ではなく「辺境」に存在するという自己意識を持ってきた、と論じた。日本人にとって、「中心」は、つねに外部にあった。その自己意識が、日本人に、どんな考え方、態様、性格を与えてきたのか。この視点は、松岡正剛が提示する「日本流」の観念、事象を捉えるときも有効であると思う。
たとえば、松岡正剛は、日本人の語彙には「遊的領域」が広すぎる、と指摘し、その「遊び」の原形には「スサビ」の感覚があるとする。この辺りの展開は、この本の中でも、おれが最も強く興奮したくだりだったのだが、簡単にまとめるのは難しい、というか、なにかしのびない気がするので、一部分を引用しておこう。
―「歌垣は集団で交わりあうことで、古代日本ではさかんにおこなわれていたコミュニティどうしのコミュニケーションの方法です。ツメは端に行くということ、感覚をハシやキワにもっていくことです。つまりは、そのときの気分を“極端”や“一端”にはこぶことです。
このように、端に行ってツメてみたくなること、また、そのように自身が誘われていくこと、それが『スサビ』という日本の遊びの原形のひとつだったわけです」。
―「スサビの系譜からはいくつかの重要な遊びのスタイルが生まれます。なかでも目立ったスサビが『スキ』というものです。
スキはいまではもっぱら『数奇』とか『数寄』とかと綴りますが、もともとは『好き』のことで、何かが好きになること、とりわけ男女のあいだの『好きぐあい』をさしています」。
―「荷風には、名状しがたい『遊び心』というものがあります。私はそこが好きです。一見すると、破綻にむかっているようでそれほどではなく、むしろキワやハシだけを遊んでいる。そんな感じがします。
しかし、誰もが荷風のようにスレスレを淡々と遊べるわけではありません。そのきわどい遊び心でつながっている人間関係を自分では遊べないかわりに横目でおもしろがることもありえます。それもまた遊び心というものです」。

ハシやキワを意識して、感覚をそのきわどい一線に、ぎりぎりとツメていくこと。そんな「すさんだ」遊び感覚を、いつまでも鈍らせないこと。
おれ自身、自ら、そんな「行き方」をしたいと願う一者だが、しかし改めて思ってみると、自らを「辺境」に居ると自己規定していなければ、そもそも「キワ」や「ハシ」といった境域を鋭敏に感知することも不可能であろう。
[PR]

by daiouika1967 | 2009-12-03 23:06 | 日記  

<< 12.3 木 曇、午後雨 12.1 火 晴 >>