1.12 火 曇

前方からフラフラと歩いてくる影を、あれ?知ってる子かな?とじっと見ていたら、すれ違いざま「なぁにぃ?なぁに見てんのぉ?」と、その酔っ払いに絡まれた。
「ああ、知り合いかと思ったけど違いました」と答えると、ぐふふふふふと笑いを漏らし、「またまたまたぁ。白々しいなぁもぉう」としつこく絡んでくる。
めんどうだな、と、無視してそのまま行き過ぎると、後方から「ああ~あ、つまんねぇ奴だな~」と追い討ちをかけられた。
おれはつまんなくなんかないぞ、とちょっとムッとして、一瞬立ち止まって振り返ってみる。酔っ払いの女の子は、もうおれに興味を失ったらしく、フラフラと歩き去っていく。おれは、振り返ってはみたものの、しかしその後おもしろいことを何も思いつけなかったので、そのまままた前方を向いて歩き始めたのだった。すいません、おれはやっぱり「つまんない奴」でした。

それだけの話である。
[PR]

by daiouika1967 | 2010-01-12 22:49 | 日記  

<< 1.13 水 雪のち晴 twilog >>