4/11(日) 曇ときどき晴、夜雨

今日は「遠出の日」。妻にそう告げられたのだが、どこに何をしに行くのかは教えてくれない。無理に聞き出すこともないので、言われるまま準備して車に乗り込んだ。乗り込んでから目的地が東京であることを知らされた。
東京かあ。遠いなあ。すこし引きつつ、妻の運転で東京に向かった。9時に出発して、途中、浜名湖インターで朝食、カレーパンとチャイ。1時過ぎに東京に着いた。東名高速を下りて、環八をしばらく走らせ、弟のアパートに着いた。へえ!、弟のところが目的地だったのか!と、そこで知った。
弟に会い、親父の誕生日と父の日のビデオメッセージを撮影する。そういう企画であった。こういう家族のイベントは、妻が企画と監督を担当し、おれと弟は俳優として妻の言うがままに配役され、動きをつけられる。

アパートの近くのジョナサンで昼食をとりつつ、久しぶりに弟と話をした。舞踏の話。彼はここ数年年間に70本を越える舞踏のライブを見に行っているのだそうだ。
―「多くは、見ている途中で辛くなるような代物なんだけどさ。年に数本はほんとうにすばらしいライブがあって、それが舞踏を見ることでしか味わえないすばらしさなんだ。観ているうちに演者と自分という区別が無くなって、その融即状態のなかで、日常とは異なる次元の身体が新しく編み出される。ほとんどエクスタシーに近い体験、例えば宗教儀式に近いような、あ!、今何かが降りてきた、ってその瞬間がはっきり分かるんだね、そういう体験は舞踏以外の芸術ではなかなかできないでしょう」

5時過ぎまで話し込み、ビデオ撮影は、ほんの3分程度で済んだ。
夜は予定があるという弟と別れ、東名高速を120km/hで走らせ、名古屋へ。運転は途中まで妻、さすがに疲労が溜まってきた様子だったので、夕食をとるのに寄った日本平のインターで運転を変わった。
手に汗握る夜の高速。前方を凝視しているだけで、全身ぐったりしてしまう。途中二度ほど肝の凍るような体験をしながら、奇跡的に無事名古屋へ到着した。夜の11時過ぎに部屋。
ぐったりだ。
[PR]

by daiouika1967 | 2010-04-12 00:46 | 日記  

<< 4/12(月) 雨 1.17 日 晴 >>