2010_06_10

忙しい。仕事が順調なのだ。

こんな感じでさ、で、こんな感じで、こうなれば、なんか儲かっちゃうんじゃねぇの?なんて、飲みながら盛り上がって、で、普通はそれきりで、素にもどって終わりなんだけど、今回は盛り上がった勢いのまま、「こんな感じで、こうなって、なんか儲かっちゃ」ってるわけだ。

ウェブマーケティングのコンサルティング。クライアントにラディカルなウェブソリューションを提供する仕事である。

ふ。

まあ、しかしなんだ、ブラフかまして演じてれば、だんだん役が板についてくるもので、いまやいっぱしの「コンサルタントの先生」である。

「似非でしょ?」って言われればそうだけど、でも、「コンサルタント」なんてけっきょく虚業でしかない。全員「似非」である。もっといえば、ビジネスってものがそもそも虚構でしかない、と、おれはそう思ってて、いや、ビジネスに限らず、人間関係なんてものはぜえんぶ芝居でさ、おれは親には子を演じてるし、妻には夫を演じてるし、自分には自分を演じてる。「子」や「夫」や「自分」に比べれば、「コンサルタント」なんてちょろいものである。

ただ、それにしても、忙しい。おれはとにかく役割を演じきることに真面目だから、ブラフで膨らませた自分に追いつかなきゃいけない。じっさいの仕事をしながら、勉強勉強、修練修練の日々、これはこれで中毒化して、ワーカホリック気味の「素晴らしい日々」が続いている。
「すべてを捨ててぼくは生きてる」。

でも、やっぱり、仕事ばかりしていると、身体の奥底が、ジリジリと乾いていく。どんなに充実した時間を送っても、仕事を通してその渇きを潤すことはできない。

未来というのはマーケティングできない。マーケッターは「未来に遊ぶ(芸術家のように)」ことはできない。マーケティングを業とする者は、自分の職分がいかなるものかをわきまえ、時に自らの思考パターンを、意図的に壊すこともしなければならない。

とりあえず、今日はもう眠ろう。
[PR]

by daiouika1967 | 2010-06-11 01:30 | 日記  

<< 2010_06_25 2010_05_24 月 >>