7月14日 雨、強弱

会社では21歳のシングルマザーが持ってくるCD、“じゃぱにーずれげえ”が終日ループしており、「一生お前を大事にするぜ」だの「おれは父親をリスペクトするぜ」だの、酩酊したおっさんが拙劣な紋切り型で安い女を口説いているかのような、小ベンツに乗った先輩が歯の溶けたスカスカの青少年に人生を説いているかのような、突っ張ったようでその実世間に媚びているだけの耳につく説教節が鬱陶しく鳴り響き、まあそれでも普段はおれの聴覚にはゴミ情報遮断機能が機能しているのでどうということもないのだが、今日はウェブサイトのディレクションの仕事が長引いて、これがなかなか終わらない。やってもやっても終わらない。整理しても整理しても散らかっている。まさに無間地獄に迷い込んだような心地で終わらない作業をひたすら消化していたのだが、その無間地獄の不毛感に“じゃぱにーずれげえ”の単調なリズム、凡庸な説教節が奇妙に同期しているのだった。

帰路に就く頃には、死んで生臭くなった魚のような濁った目で、漠然とした殺意、ソフトな破壊衝動を身に覚えつつ、相対性理論を聴くことでようやくダークな衝動を宥めて、そういえば今日はちょっと風が涼しいなということに思い至る。
激しいにわか雨が通り過ぎたのである。

家に帰ると、妻が、「さっき玄関でガチャガチャ鍵開けるような音がしたんでMかと思ったんだけど。なかなか入ってこないなあ、と思ってたら、冷蔵庫が開いて閉まる音がしたんだよね。それがちょうどMが玄関から入って、冷蔵庫に歩いてくくらいの時間で、バタンって。猫も耳そばだててから、気のせいとかじゃないと思うんだけど。なんか気味悪いね」と言う。
「そうだねえ。気味悪いね」と答える。
「ねえ、なんだか変な匂いしない?」と妻。
「そういえばちょっと。何の匂いだろ?」とおれ。
薄い死臭だよ、これ」
「ああ、そういえばそうかも」
「気味悪いね」
「うん、なんか気味悪いね」
[PR]

by daiouika1967 | 2010-07-15 00:46 | 日記  

<< 5月11日(水) 雨 7月13日 終日弱い雨 >>