10月15日

午前中、喫茶店でブレンドを飲みながら、バリー・ユアグロー『真夜中のギャングたち』(柴田元幸訳 モンキーブックス)を読み始める。ギャング映画の一場面のような掌編が並ぶ。
いい映画はワンカットですでにいい(逆にいえば、駄作は数カット見れば、もう判断がつく)。いい映画は3分も見れば十分「もうひとつ別の現実」に連れて行ってくれる。
午後<ジュンク堂>で、釈徹宗『法然親鸞一遍』(新潮新書)、町山智浩『USAカニバケツ -超大国の三面記事的真実』(ちくま文庫)、武田知弘『ヒトラーとケインズ -いかに大恐慌を克服するか』(詳伝社新書)を買う。
サウナに行き、仮眠室で2時間ほどうつらうつらする。ビュッフェでチャンポン麺と餃子を食べ、さっき買った『ヒトラーとケインズ』を読み始める。
夕方、4時過ぎに妻と待ち合わせ、観劇。名鉄ホールへ。東宝セレソンDX『わらいのまち』を観る。キャストは宅間孝行、片桐仁、岡田義徳、柴田理恵、田畑智子、他。地方の町おこしを題材にしたシチュエーションコメディだ。尖がったところのない、誰もが楽しめるといった作品で、おれも妻も十分に楽しんだ。ああ、笑ったねえ、といい感じの余韻が残る。
帰りにエスカの蕎麦屋により、天せいろを食べる。駅の本屋に寄り、新日本プロレスのDVDブックを買って帰る。
夜。テレビを眺めているうちにいつのまにか眠っていた。目覚めると、妻はもう寝室に移動して、猫たちも追い出され(夜はいつも、猫たちは居間に入れないようにドアを閉められる)、居間にはおれひとり残っていた。目が覚めてしまったので、新日本プロレスのDVDを見る。猪木VSホーガン、猪木VS前田、タイガーマスクVSダイナマイト・キッド、ハンセンVSアンドレの4試合。1981年~83年頃にかけての試合で、おれはすべてリアルタイムで見て、強い印象が残っていた試合である。見返してみると、やはりもう、当時のようにのめりこんでは見られない。さすがに退屈することはないが、このDVDブック、2巻目以降も買うかどうかは微妙なところだ。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-10-16 15:37 | 日記  

<< 11月17日 10月14日 >>