11月21日

曇天。ときどき雨。冬のように寒い。

原田和典『世界最高のジャズ』(光文社新書)読み始める。
ジャズのビッグネームの聴き所を解説した啓蒙ガイド。著者は1970年生まれなので、ほぼ同世代。父親がジャズ好き、という音楽環境も似ている。
取り上げられているのは、ルイ・アームストロング、デュークエリントン(「ジャズはいきなり革命だった」)。チャーリー・パーカー、バド・パウエル、クリフォード・ブラウン、ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン(ジャズの心臓―アドリブに人生を賭けた“即興の鬼”たち)。マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、チャールズ・ミンガス、アート・ブレイキー(強烈な支配力と構成力―オルガナイザーたちとそのグループ)。オーネット・コールマン、エリック・ドルフィー、セシル・テイラー、アルバート・アイラー(美は乱調にあり―“一聴猛毒”の冒険者たち)。ディジー・ガレスピー、ウェス・モンゴメリー、ローランド・カーク(熱いブイヤベースのごとく―世界音楽としてのジャズ)。ジャッキー・マクリーン、リー・モーガン、ウェイン・ショーター(音一発の説得力―ジャズの蟻地獄に引きずり込む愛すべきプレイヤーたち)。

f0137098_895557.jpg


f0137098_810915.jpg


f0137098_8101771.jpg


[PR]

by daiouika1967 | 2011-11-23 08:11 | 日記  

<< 11月22日 11月20日 >>