11月26日

朝、雑事。10時前に家を出て、ミスドでポン・デ・リングとコーヒー。塚原史『記号と反抗 -二十世紀文化論のために』(人文書院)読了する。

名古屋駅が普段より混雑している。何もなくても街が混み合う日というのが、たまにある。それともおれの知らないイベントでもあったのだろうか。
午後はサウナに入る。4時過ぎまでまったり過ごす。

夕方、家に帰り、いましろたかしが脚本、絵コンテまで書いたという映画版『デメキング』を、DVDで見る。
地方の中高生なら誰でも感じるであろう、どうしようもない閉塞感、その退屈、あるいは猶予感、むしろ自由、無為に潰される時間の逆説的な豊饒さ。
中高生だけでなく、大人だって結局のところ、そんな時間のなかで、焦ったり、だらけたりして、日を過ごしている。
いましろたかしは、そんな「感じ」を描かせたら、天才的な漫画家だと思う。
映画でも、その「感じ」は、しっかり表現されていた。

続けて、細野晴臣とワールドシャイネスのライブ映像を見る。3、4回目くらいか。「チャタヌガチューチュー」でひとり踊る。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-11-27 16:04 | 日記  

<< 12月16日 11月25日 >>