11月1日(土) 晴

午前中。妻は病院へ。おれはパソコンの前で仕事をする。
午後、家を出て、名駅へ。カフカ『城』(池内紀訳 白水社)の続きを読む。450ページ、読了。

カフカの小説を読むことは、統合失調症になるレッスンをしているようなものなのだ、と思う。
カフカの小説の世界では、風景も、人物も、自分自身すら、一貫した性格をもたず、世界は輪郭を失い、流動化し、文章は、その流れの感触だけをリアルに描き出していく。風景や人物は、不意に現れ、気づくと変貌を遂げており、しかし、それが夢のように強度のリアリティを保ちつづける。

とりあえず、カフカの長編三部を読んだので、来週は、短編とノートを読み、つづいて、残雪のカフカ論にとりかかろうと思う。ベンヤミン、アドルノがあらためて読みたくなる。さらに、フロイト、ラカンも。ブランショ、ドゥルーズ=ガタリのカフカ論も、もういちど読み直してみよう。

夜は、テレビを眺めたり、ぼんやりして過ごす。
夜中の2時過ぎ、ベッドの中で、水木しげる『猫楠』(角川ソフィア文庫)を読んだ。南方熊楠を主人公にした伝奇マンガ。南方熊楠もまた、統合失調症的な知性を生きた人である。
熊楠は「脳力が上がると、生死の境界を超える高次元を感知できるようになり、幽霊と出会うこともできる」という意味のことを言っている。これは比喩ではなく、熊楠にとっての実感であり、熊楠はこうした現実を生きていたのである。
[PR]

by daiouika1967 | 2008-11-02 12:26 | 日記  

<< 11月2日(日) 晴 10月31日(金) 曇 >>