12月12日(金) 晴

●夕方。最近週一で通っているスーパー銭湯のロビーで、妻が風呂から出てくるのを待ちながら、日経に目を通していたら、11月は各経済指標が軒並み(しかも記録的に)ダウンした、という記事が載っていた。
車や百貨店での売れ行きはがくんと下がり、企業の倒産件数は一万四千件を越えており、この指標を見るかぎり、なるほどたしかに不景気というのはほんとうらしい。
しかし、もちろん全体が悪いなかでも、儲かっている業種、企業はあるわけで、それはたぶんこの記事に書いてあるような大きな規模の指標には現れないのだろうが、それでもそんな業種、企業はごく例外的だというわけでもなく、例えばおれのクライアントである薬局チェーンにしても、11月以降各店舗の売上はまったく落ちていないし、錦(名古屋の繁華街)は、接待客が減って閑散としているという風評が流れているけれど、おれの知り合いがやっている風俗店は、今秋以降、むしろ売上は上がっているようだ。
すくなくともおれの周りに、不景気の煽りを喰らってふらついているやつは、ひとりも思い当たらない。
ニュースでは、「新卒者の内定取り消し」や「大量の派遣社員の契約解除」が、連日のように報じられていて、金融ショックのダメージをはっきりと受けている連中もたしかにいるようだ。
おれは経済学にはズブの素人なので、このアメリカを震源地とする金融恐慌の煽りがどこにどんなふうに波及しているのか、たとえばここ日本ではどこ(誰)が激しく影響を受けどこ(誰)はさほどでもないのか、そうしたことをまったく見通すことができない。
おれは、基本的に、儲かっているところ(人)の、その余剰分にたかって、日々の養分を得ている身なので、世の中の“金の流路”には敏感にならざるをえない(じつのところこうした生計の立て方にはうんざりしているのだが)。
今の日本は、「みんなが貧乏だった」時代とはちがい、いかに不景気になったといっても、どこかに必ず金は余っているのである。さてしかし、それが「どこ(誰)」なのかは、おれが活動している範囲で、直感的には想像がつくものの、その直感も根拠のある推論に基づくものではなく、ほとんど当てずっぽうのようなものでしかなく、じっさい「はずれ」を引くことも多い。
そんなわけで、経済のことを考え始めると、とたんに、自分の行く末が不安になってくる。……

ポールR.クルーグマン『クルーグマンの視座 -「ハーバード・ビジネス・レビュー論考集」』(北村幸伸訳 ダイヤモンド社)を読んでいたら、こんな一節にぶつかった。
いわゆる「ビジネス書」というものから、何を学び得て、何は学び得ないのか?
それが良いビジネス書なのか、悪いビジネス書なのか、どう判断すればいいのか?
この箇所を読んで、その見晴らしがずいぶん良くなった。
―「時おり、成功したビジネス界の人たちの体験記が出版される。逸話を集めて職業人生を描き出そうとする回想録調のものもあれば、偉大な人物を成功へと導いたその原則を解き明かそうとする野心的な著作もある。
書物として成功しているのは例外なく前者であって、後者ではない。売れ行きもよいが、まじめにものを考える人たちの評価が高い。なぜだろう。企業のリーダーとしての成功は、企業の一般理論を見つけたからというより、特定の商品戦略や組織改革によってもたらされる場合が多いからである。なかには、自分の知識を体系化しようと試みる偉大な企業家もいるが、ほとんどが期待はずれに終わる。ジョージ・ソロスの著作にしても、どうすれば第二のソロスになれるかについては書かれていない。ウォーレン・バフェットも、実際には「ウォーレン・バフェット式投資」などやっていないと言われている。
つまりは、金融界の鬼才と言われる人は、証券市場の一般原則を解明することによってではなく、特定の機会のなかでもきわめて希少な機会を、だれよりも先に予知することで財をなしたのである。
偉大なエグゼクティブたちもどうやら、自分の行動を公式化しようとしたり、原則を書き記そうとし始めると身を滅ぼすようだ。それまでの成功は直感や革新志向の上に成り立っていたのに、かくあるべしというイメージに沿って行動しようとし始めるからだ。ムカデについての古いジョークが思い出される。ムカデはどうやって100本の足の動きを調整しているのかと聞かれて考え始めたが最後、二度とまともに歩けなくなったという話である。」

成功した人間の多くは、自分が成功した本当の理由を、自分で自覚していない。
ぼんやりと自覚していたとしても、それを言葉で表現するのは難しく、けっきょく口に出して語られることは、すべて的をはずしたものになってしまう。
だから、成功者の書く「こうすればあなたも年商数億円」みたいなビジネス書は、じっさいは何の役にも立たないのである。
そこに書かれている「原則」「公式」に従ったところで、ビジネスを成功に導くことなどできない。
むしろ、自分の体験したことを謙虚に見つめて、その体験の全貌を書こうと志した書物であれば、読者によって、それぞれが必要とする教訓を、そこから引き出すことが可能となる。…
[PR]

by daiouika1967 | 2008-12-13 01:11 | 日記  

<< 1月24日 晴ときどき雪 12月11日(木) 曇 >>