<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

2月28日(木) 晴

9時過ぎに起床。朝食前に、パソコンに向かい、2時間仕事した。11時に遅い朝食。クロワッサン3個とインスタントのコーンスープ。
12時前に家を出た。

喫茶店で読書。しかし眠たくて集中できない。疲れているようだ。それでも堪えて、大岡玲編『文芸誌「海」精選対談集』(中公文庫)を読み継いだ。石川淳×中村真一郎、堀田善衛×開高健、河上徹太郎×丸谷才一、川崎長太郎×水上勉、円地文子×中上健次と読み進み、読了した。
川崎長太郎×水上勉の対談は、それぞれの師匠筋にあたる、徳田秋聲と宇野浩二について語られている。川崎長太郎が徳田秋聲の言葉を思い出して話しているくだりで、一箇所、徳田秋聲が小説の文章について、「プッツリ」言った一言が紹介されいていた。
―「『手拭をしぼって、ふっとテーブルの上に置く』と言うんですよ。『しぼりっ放しじゃいけない』というんだ。しぼって、ふっと机の上に置く。そうすると、ふくらみが出てくる。裂け目が見えてくる。普通は、しぼっている最中みたいなところで書いているわけだ」。
文章を書くときの、視線のとり方について、言われている。なるほど、と強く印象に残った。

眠気は、3時ごろまでつづいた。音楽を聴いていても、まったく響いてこない。
昨日ほどではないが、今日も外は寒かった。コートのポケットに手をつっこんで、とりたてて用事も目的地もないまま、ただ歩いていく。
歩いていると、ようやく眠気が散って、頭が冴えてきた。喫茶店で、コーヒーの湯気に温まりながら、坪内祐三『文庫本福袋』(文春文庫)を読み始めた。喫茶店を移動しつつ、172ページまで読み進んだ。

帰りに高島屋のデパ地下に寄り、鰈の煮付を買って帰った。夕餉は、その鰈の煮付、冷凍食材からキンピラゴボウ、ニンニクの紫蘇漬け。ご飯とワカメの味噌汁。
夜、2週間ぶりに、任天堂Wiiを起動した。妻と、WiiFit、WiiSportsをやった。1時間くらい。Pをじゃらして、1時半頃、就寝した。
[PR]

by daiouika1967 | 2008-02-29 13:48 | 日記  

2月27日(水) 晴、曇、晴 気温低し

9時過ぎに起床。今日の朝食は海苔を巻いた焼餅2個。日記をつけ、ネットを周り、11時過ぎに家を出た。

名駅から栄にかけて歩いていくと、その2、3キロの道中に、ドトールやカフェ・ド・クリエ、コメダコーヒーなど、チェーンの喫茶店が十数件(数十件?)も密集している。店を出て次の店までの距離は、短いところで徒歩1分、長くても10分歩けば次の店にたどりつくことができる。
おれはいつも、ひとつの店で、たいていはコーヒーを飲みながら(コーヒーは、一番安いドトールで180円、一番高いコメダコーヒーでも330円だ)、1時間から1時間半くらい本を読み、次の店に移動する。
移動中はアイリバーで音楽を聴いている。本を読んでいる間も、たいていそのまま音楽を聴いている。
最近は夕方6時過ぎくらいに家に帰るのが習慣になっているから、昼前から6時頃まで、だいたい4、5件の喫茶店をハシゴして本を読み、音楽を聴いている。三昧境に遊ぶ日々だ。
もちろん、その合間に、仕事の予定が入ることもある。仕事ではないが、誰か人と会うようなこともある。三昧境に入っていると、雑然とした現実と関わるのは、じつに面倒くさい。しかし、現実を逃れることはできないので、肚を決めて、ふりかかってくる雑事は、恬淡とした態度で消化するようにしている。

今日も、いつものように、喫茶店から喫茶店へと移動しつつ、野坂昭如『文壇』(文春文庫)を読んだ。
このあいだ、古本屋をぶらついていたら、店の前の「すべて100円」のワゴンに積まれていたのを見つけて購った。
野坂昭如が、放送業界の雑文書きから、処女小説『エロ事師たち』を書き上げ小説家としてデビューし、直木賞を取るあたりまでのことが、文壇の人々との関わりを中心に、自叙伝風に綴られている。
文壇へのゴシップ的興味は、おれにはあまりない。読む前は、そんなことが中心に書かれているのかとも思ったが、そればかりではなかった。小説が産みだされる、その苦吟する現場が活写されている箇所がいくつかあり、おれにはとりわけそういったところが興味深かった。
なかなか小説が書き始められない。締め切りを過ぎて、とりあえず何か書かなくては、と見切り発車したら、言葉がつながっていった。しかし果たして、その結果が小説として成っているのかどうか自分ではわからない。そんなことが繰り返される。
―「何も考えられぬ、冒頭部分は、まったくの思いつき、出鱈目、いい加減きわまる文字を連ねるうちに、文字が連鎖反応を起こしてつながって行く、これが途切れたらお終い、だから行替えできず、句点が打てない」。
―「締め切りギリギリというより、かなり過ぎてからでないと、文字が書けない。生来、几帳面な方じゃないが、締め切りをずい分前から意識して、あれこれと想を練ってはいる。(中略)が、なまじ筋がはっきりすると、書けない。少し資料を調べれば、楽に仕上がりそうなもの、いちおう消息通に、軍隊の仕組みや何やかや教わったのだが、教わるほど書く意欲がうすれる」。


午後3時。午前中は晴れていたのだが、午後になって雲が出てきて、雨粒が数滴風に流されて飛んでくるといった曖昧な天気になった。寒風が吹く中を、栄まで歩き、<丸善>に行った。
文庫の棚を流し、大岡玲編『文芸誌「海」精選対談集』(中公文庫)坪内祐三『文庫本福袋』(文春文庫)を手に取った。文芸書の棚で、古井由吉『ロベルト・ムージル』(岩波書店)という本を見つけ、これも迷わず手に取った。3冊購入した。

喫茶店に入り、大岡玲編『文芸誌「海」精選対談集』(中公文庫)を読み始めた。志賀直哉×里見弴、土方巽×唐十郎、永井龍男、河盛好蔵、平野謙×藤枝静男、埴谷雄高×野間弘の対談を読んだ。
夕方、マックスバリュに寄って、3千円分の食材を買って、家に帰った。夕方から空気の冷え込みが厳しくなり、こめかみに締め付けられるような鈍痛が起こるほどだった。
夕食は、冷凍食材から里芋の煮付け、こんにゃくの煮付けをボイルし、買ってきたササミ入りサラダ、アスパラのおひたしでご飯を食べた。野菜ばかり。
夜は、テレビを眺めたり、Pをじゃらしたりしながら、合間にパソコンの前ですこし仕事を消化した。1時半頃就寝。
[PR]

by daiouika1967 | 2008-02-28 10:57 | 日記  

2月26日(火) 雪のち雨

最近、明け方になると、Pがベッドに来て、寝ているおれの顔を覗き込むようになった。Pの鼻息がかかるくらいの至近距離だ。今日も頬がこそばゆいなと思って目覚めたら、Pのヒゲが触っていた。おれが目覚める気配を察知すると、Pはますます大胆になり、おれの寝ている枕の空いている小さな部分に座り込み、頬や髪の毛を手で弄い始めるのである。
眠っていられないので、いったん起床して、キャラットの袋を開け、皿にもってやる。その作業をしているあいだ、Pはものすごく嬉しそうにニャッニャッと小さな鳴声を上げ、皿を床に置いてやると、ワシワシと食べ始める。その様子を見て、おれはベッドに逆戻りし、二度寝するのである。

今日は、9時過ぎに、二度寝から醒めた。
朝食は焼餅二個と、冷凍食材から、ひじきと切干大根の煮付け。今日は、妻が用意した。
日記をつけ、ネットを周回して、11時過ぎに家を出た。
外は雪が降っている。ボタボタとした水気の強い雪で、午後から雨になった。なぜか、雪が降っているときより、雨になってからのほうが空気が冷たくなったような気がした。

ランチは、名駅のオープンカフェで、白身魚フライを挟んだパニーニ、サラダ、チョコレートケーキ、コーヒーのセット。食べながら、小林秀雄『作家の顔』(新潮文庫)を読み継ぎ、読了した。
午後、<三省堂>に行った。新刊文庫の棚から、橋本治『蝶のゆくえ』(集英社文庫)を選んだ。次いで文芸書の新刊書の棚を流していたら、町田康の新しいエッセイ集『フォトグラフール』(講談社)が出ていたので、手に取って、いそいそとレジに向かった。
名駅周辺の喫茶店を何軒かハシゴしながら、まず町田康『フォトグラフール』(講談社)から読んだ。味のある写真が一枚選ばれ、町田康がその写真にキャプションを長くしたような短文を付けている。初出を見ると、『現代』に連載されていたものらしい。ところどころニマニマしながら、一息で読んでしまった。
次いで、橋本治『蝶のゆくえ』(集英社文庫)を読み始める。冒頭に、虐待され殺される子供が主人公の短編(「ふらんだーすの犬」)が置かれていて、読んでいるあいだ身を切られるような気分が胸に逼ってきた。
「あとがき」で、橋本治は、こう書いている-「親による子供の虐待死を扱おうとすると、事態の悲惨に目を奪われて、書き手の視点はどうしても『加害者』である親の方に向けられてしまう。それはいたし方のないことではあるけれど、そうなって大きく抜け落ちてしまうのは『子供の立場』で、そもそも小説というのは、その『可哀想な子供のありよう』から始められたのではないか」。
この短編は、だから、子供が主人公なのだが、しかし、具体的に描写されるのは、ほとんどその親のありさまなのである。親のありさまを描出することで、そういった親との関係において生きるしかない子供の悲惨が映しだされるのだ。
この短編集は、現代を生きる様々な年齢の“ありふれた女たちのありよう”が題材にとられている。4編、200ページまで読んだ。

6時半、ラシックで妻と待ち合わせた。
連れ立って、パルコに行き、おれの鞄と財布を買った。合わせて4万とちょっと。妻からのプレゼントである。まだかなり先だが、“誕生日プレゼント”ということらしい。
それから、ラシックに戻り、8階の麻婆豆腐が有名な店に行って、ふたりで“満腹セット”というのを食べた。青菜炒め、地鶏の炒め物、エビチリ、麻婆豆腐、ごはん、デザートに杏仁豆腐。飲み物はプーアール茶。“満腹セット”というだけあって、けっこうな量があり、麻婆豆腐はものすごく唐辛子が効いていて、味は美味しかったのだが、食べ終わったあと、気だるい飽満感に全身を満たされてしまったのだった。
窓辺に席で、外を眺めると、雨がしとしと降っていた。

家に帰り着くと、8時過ぎになっていた。
腹具合のせいか、天気のせいか、激しい物憂さに見舞われ、体中の毛穴から何かが漏れ出てきそうな、鬱陶しい気分がつづいた。
11時過ぎまで、何もする気にならず、寝返りを打ちながら、テレビを眺めて過ごした。
ようやく腹も治まってきたので、シャワーを浴びて、橋本治『蝶のゆくえ』(集英社文庫)の残りの二編を読み了え、しばらくPをじゃらして疲れさせ(そうしないとおれの入眠を邪魔しに来るから)、1時半頃、就寝した。
[PR]

by daiouika1967 | 2008-02-27 10:33  

2月25日(月) 晴

10時過ぎまで惰眠を貪った。あまり眠りすぎるのは健康に良くないらしい。たしかに眠りすぎると頭が重くなって、時によっては偏頭痛が起こることもある。体の節々もぎくしゃくと硬くなる。しかしそれでもあえて眠りつづけると、ぼうっとしてはいるけれど、なんだかとても清新な心地で目覚めることができるのだ。過剰な眠りを通して、心身に溜まった澱のようなものが洗い流されるのかもしれない。

ぼうっとして気持ちがいい。シャワーを浴びて、髭を剃り、朝食の支度をする。今日は、おれが支度をした。飯の支度は、おれか妻か、取り決めがあるわけではないが、その日ごとに何となく決まる。ワカメと葱の味噌汁を拵え、シシャモを数尾焼き、ご飯をよそい、生卵を溶く。塩昆布と、焼き海苔。

妻は今日病院の日。12時前に家を出たので、おれはひとりで、スケッチショウのライブDVDを観た。けっこう前に手に入れたのだが、まだ一回も観ていなかった。
重層的な音の彩を聴き取っているうち、いつしか体が浮揚して、波に浮かんだ小舟になったようなフロー感覚細野晴臣の音楽を聴くといつも、こんなふうに体がほぐされていくような快感を覚える。細野晴臣の音楽に出会ったのは、おれが11歳の頃発売されたYMOのセカンド『ソリッド・ステイド・サバイバー』だった。それから30年のあいだずっと、おれは彼の創る音楽に魅了されている。

2時前、家を出た。中学の同級生がやっている喫茶店に行き、昼飯にペペロンチーノを食べた。食後、コーヒーを飲みながら、本を読んだ。
小林秀雄『作家論』(新潮文庫)
1時間読んで、店を移動し、さらに3時間読み継いだ。2時過ぎから6時まで、午後のあいだ、ずっと小林秀雄の文章を追って過ごした。275ページまで読み進んだ。

6時半、家に帰った。
夕食は、鮭の南蛮焼き。妻がネットで取寄せた冷凍食品だ。一ヶ月に、30袋が届く。10種類の“ヘルシーメニュー”が3袋ずつ小分けにされており、食べたい分をそのつどボイルする。味付けも薄味でなかなかおいしい。
夜はテレビ。月曜は、9時から香取慎吾、竹内結子主演の月9ドラマ「バラのない花屋」、10時から「SMAP SMAP」を見る。おれひとりなら見ない番組だが、妻の趣味につきあって見ていると、それでもところどころで泣いたり笑ったりできる。それでも、集中して見るにはやはりたるいので、本を読みながら、山場らしき箇所だけを選んで見ている。
テレビを見ながら、荒川洋治『日記をつける』(岩波アクティブ新書)を読んだ。次いで、茂木健一郎・江村哲二『音楽を「考える」』(ちくまプリマー新書)も読んだ。
2時過ぎ、就寝。
[PR]

by daiouika1967 | 2008-02-26 10:41 | 日記  

2月24日(日) 晴 強風

終日、部屋にこもって、テレビを見ながら、うつらうつら過ごした。妻も、隣で、同じようにうつらうつらしていた。おれは無精髭、妻はノーメイクで、油断しきった格好でだらだらだらだら。Pも、猫タワーの上で、ごろごろ寝返りを打ちながら眠っていた。
外は、春の嵐。ものすごい風が吹いていて、ベランダに干しておいた布団が、大きくめくれあがっている。ついには布団バサミを飛ばしてしまったので、1時間くらい干したところで、早々に取り込んだ。
とにかく、眠っても眠っても寝たりない。テレビを見ていても、すぐにとろとろとした眠気に瞼が落ちてしまう。
目覚めると8時過ぎ。2、3時間、本格的に昼寝してしまったようだ。今日はなんだか腹も減らない。夕飯は、ひじきときのこの和え物で、ご飯を一杯、簡単に済ました。
昼、たっぷり眠ったにもかかわらず、夜も12時前には眠たくなった。日付の変わらないうちにベッドに入り、そのまま夢の中へ。
[PR]

by daiouika1967 | 2008-02-25 11:56 | 日記