<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

5月30日(月) 朝まで雨。その後晴

宵の一時間、ミスドで松本潤一郎・大山戴吉『ドゥルーズ 生成変化のサブマリン』(白水社)を読み継ぐ。

≪反復は「名目的定義以外の定義をもっていないがゆえに」、「部分ノ外ナル部分であるがゆえに」、「抑圧するがゆえに…想起も再認も自己意識ももっていないがゆえに」反復するのであり、「要するに、ひとは、ひとがそれでないところの当のものに、かつひとがもっていない当のものにかならず対応して、反復を行なうというわけだ」と言われる。しかし、このように否定や欠如から捉えられた反復は反復の本質を未だに完全に折り解いておらず、したがって、差異の方も依然として「呪いをかけられたまま」であるのだ。≫

≪純粋過去は過去一般としてそれ自体として即時的に存在する。それは、現時点としての「今」と同時にあり、「今」と共存し、「今」よりも前に存在し、かつて一度たりとも「今」であったことのない過去である。もはや、古い現在という過去と「今この瞬間」というアクチュアルな現在の対立や矛盾があるのではない。純粋過去はアクチュアルな現在と古い現在という二つのセリーの根拠となるのだ。そして、この根拠によって現在は継起し、新しく到来する現在と古くなるとされる現在は互いに拮抗することになる。しかし、
『継起する諸現在の可能な非一貫性あるいは対立がどれほど強固であろうと、それら現在のひとつひとつは、それぞれ異なる水準で、「同じ生」を営んでいる。』
同じ生とは純粋過去それ自体である。純粋過去とは生の全体であり、無数の度合いと水準を有しそれらすべての弛緩と収縮の連続そのものとして生きられるものである。過去全体が無数の度合いと水準において弛緩/収縮の過程として実在しているのだ。そして、『現在の度合いと水準は、それらのうちのもっとも縮約されたもの、もっとも緊張したものでしかない』。アクチュアルな現在は記憶の一水準が最大限に縮約されたものであるが、そのとき無数の古い現在とされるものもそれぞれ同じ過去のうちの別の水準にあり、過去それ自体をますます豊かにしている。したがって、すべての現在は同じ根拠に属し、そこにおいて共存するということになる。だからこそ、純粋過去、過去一般によってはじめて現在は縮約され、次々と継起することが可能となるのだ。≫

≪先ほど特異なものたちが展開するかにみえた純粋過去の領域は根拠であるがゆえに、例えば経験的領野のコピーとしてしか超越論的領野を捉えない思考のように、根拠づけられるものからしか当の根拠が説明されないという事態を往々にして引き起こす。そうなれば、根拠の根拠は当の根拠が根拠づけるもの、つまり表象作用ということになってしまう。根拠はそれが根拠であるかぎり、根拠づけられるものとのループのなかでしか根拠たりえないということになるのだ。したがって、純粋過去をもってしても「同一」のものの反復、同一性の思考に纏わりつかれることになってしまう。
それゆえ第三の時間の総合において語られるのは、脱根拠の運動ということになる。もはや根拠を有さず中心ももたない反復が要請されることになるのだ。それこそ未来の反復としての永遠回帰である。しかし、この未来はもはや現在において構成される未来でもなければ、純粋過去のうちで新しい現在として生み出される未来でもない。それは、深さにおける過去と表面における現在が組織する「同一」のものの円環を打ち砕く純粋で空虚な時間の形式、直線そのものと化した時間の形式における未来なのだ。≫

≪相互に伝達しあう力とは、誰に帰属しているのかが識別できない力の錯綜、むしろそこから私が帰結してくるような力の錯綜である。力は、それ自体としてすでに複数的である。ひとつの力はつねに複数の部位の絡み合いであり、と同時に、そのままで相互に対する力の伝達ないし移行である。機械は、力を伝えるものと伝えられるもののあいだの区分を認めない。言い換えれば、機械とは諸々の力の組み合わせ、諸々の機能の絡み合いに与えられた名前である。そして欲望もまた、そこから事後的に私が生じてくるような、力が折りたたまれる過程であったことを想起するなら、欲望そのものがひとつの機械なのだということが理解される。機械とは、力を伝達しあう情動-触発の回路の束である。ドゥルーズ/ガタリが言う「スキゾフレニーの散歩」がなされるのは、まさしくこの回路においてである。≫

≪様々な方向から圧力を被り、同時に周囲の方へ拡張、流出していく身体は「人体」という有機的に組織された形式をもはや保つことはできなくなる。多様な力の作用で身体は変形、歪曲、脱-形式化し、動物のようなものになりつつある。これは、人間が例えば犬や牛に変身するということではない。なぜなら、犬や牛も組織化された身体形式をもつことに変わりはないからである。では、動物になりつつあるというのはどういうことか。それは人間と動物の「あいだ」、人間ともいえないし動物ともいえない「決定不能、判別不能の領域=ゾーン」に生成することである。≫

≪『千のプラトー』は、起こりつつある何事かを、客観的な立場から分析して私たちに了解を与えるためにではなく、反対に、何事かを私たちに指し示し、他ならぬその何事かへと介入させるために、「非正確な表現」で書かれた書物である。非正確な表現が必要とされるのは、起こりつつある何事かに介入することを、『千のプラトー』が意志するからである。正確さに抗って書く、非正確に表現する、とは、起きつつある何事かに説明を与えることではなく、まさにその起きつつあることの一部にならんとする意志、みずからが「起きつつあることの正確な経路」たらんとする意志の表明である。≫

≪群集とは微小な流れの量子であり、量子と秩序が課す規範(コード)や割りふられた領土から逃れ去る運動の、度合いとしての記号である。この漏出する知覚しえない流れを捉えるのが線の作用であり、それは大きな枠組みとしての階級へともたらされ、知覚されうるものとなる。こうして同じ唯一の力は、漏出する量子の流れとそれを捉える線という、互いに還元されない二つの様式において、出現する。歴史家の務めは、線が流れを捉え、また流れが線から逃れるという二つの運動の周期性を確定することにある。このような視点から歴史を捉えるとき、目的論も進歩史観もない、ただ二つの運動の交替からなる歴史を、考えることができる。歴史はこの交替が起こる無数の瞬間、すなわち諸々の出来事を保存するアーカイヴとして、捉えられるのである。≫


家に帰り、インターネットラジオをclassical-pianoにチューニングし、片山杜秀『ゴジラと日の丸』(文藝春秋)を読み継ぐ。1時間半くらい。
クセナキスを追悼している箇所を引いておく。
≪その群集に、やはり心底魅了されたギリシア人が居た。名はクセナキス。彼の青春時代、祖国はナチスや英軍に蹂躙され、国内も分裂し混沌とした。ギリシア人たちはデモし、暴動を起こし、殴り合い、逃げ惑い、殺された。そんな二十世紀でもとびきり暴力的な群衆の中に彼も居て、自身、片頬の肉をふっ飛ばされもした。そしてその経験ゆえ、彼は群集のダイナミズムを表現する芸術家になった。
ではクセナキスは何を作った?何千人ものエキストラを使う映画?否。彼は作曲家になり、音で初めて真に群集を表現したのだ。
はて、それはいったいどんな音楽?ピアノでいうなら、こぶしやひじで鍵盤をガチャガチャ叩きまくる様子でも想像すればいい。とにかく非常にたくさんのハイテンションな音が時に押し寄せる群集のように密集し、時に蜘蛛の子を散らして逃げる群集のようにばらけて、暴力的に動き回り続けるやかましい音楽なのだ。1950年代以降、クセナキスはそういう曲を、大オーケストラや電子音を駆使して作り続けた。たとえば『メタスタシス』や『ペルセポリス』などを。≫

[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-31 22:10 | 日記  

5月29日(日) 雨

終日雨。台風の影響で断続的に雨風が強く吹きつける。夜には小雨になって空中に雨の粒が渦巻くように舞っていた。
軽い頭痛。ダラダラする。午後、妻が着付け教室に行くというので、名駅まで車で送っていく。夕方帰るときも、車で迎えに行った。冷蔵庫が空だったので、スーパーによって食材を買い込む。
家にいる時間は、テレビの前で寝転んで過ごした。録画しておいたNHKの『ETV -カズオ・イシグロをさがして』を見る。夜はリアルタイムで『ETV -細野晴臣の軌跡』を見る。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-30 19:21 | 日記  

5月28日(土) 曇のち雨

台風が近づいているようで、不穏な空模様。断続的に激しい雨。
午前中、駅裏の喫茶店で、一時間の読書。松本潤一郎・大山戴吉『ドゥルーズ -生成変化のサブマリン』(白水社)を読み始める。
今年の初め「今年はドゥルーズとベンヤミンを読み返そう」と思ったことを思い出す。
午後からは会社の女の子の結婚式、披露宴に出席する。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-30 14:22 | 日記  

5月27日(金) 曇ときどき雨

夕方一時間、喫茶店で檜垣立哉『ドゥルーズ入門』(ちくま新書)を読み継ぐ。読了。

≪タルド的な社会学、パース的な記号論、西田的な純粋哲学、十九世紀後半以降の集合論という諸議論は、それぞれがモナド的な無限小と差異化を原理とした連続体の思考を、大きなバックボーンとして備えているといえるのではないか。そして、ドゥルーズ自身において明確な、内包主義とその分化=現実化に関する議論は、それ自身、十九世紀的な思考と、そのヴァリアントとして読むこともできるのではないか。≫

≪十九世紀の一部の論脈で顕著に見いだされる、こうした内包性・微分性・潜在性・無限小性・バロック性をめぐる思考群は、しかしさらにいっそう広域の思想史的文脈において捉えることも可能である。それは思想史における、(後期のドゥルーズが利用する字義通りの意味において)「マイナー性」の系譜を形成するといってもよい。
ではそこで、マイナーなものに対するメジャーなものとは何なのか。それは、主観性と言語の哲学にほかならない。逆にいえば、マイナーなものとは、主観性という中心軸をもたないで、あるいはシニフィアン的な超越の力能に依拠しないで、この世界を捉えていく思考に与えられた名のことである。≫

≪中心点を見いだす発想とは、主観性に依拠するにせよ、シニフィアンの効果に依存するにせよ、中心を軸として描かれる階層秩序をつねに想定してしまう。それはまさに、ヒエラルキーをなすのである。こうしたヒエラルキーの思考を支えるものは、アナロジー的な作用である。何かが中心に設定され、それとの類比によって、他の存在者のあり方も、そしてその価値も定められ配分されてしまう。それは存在論的には、類と種の関係において把握され、その一般性を基盤とした下位的な区分において固体を捉えるものである。しかし一義性の発想とは、それを逆立させ、個体的なものがその上位概念を含み引き受ける、反乱する力を含んだ特異性を際立たせる。
言語や主体を軸にした発想は、自然存在の沸き立つ力に対する、抑圧的な統制機能である「超越」を前提としている。超越論的な統覚(カント的な主体)が失われたのちにも、そこにはシニフィアンの力が、空虚なその姿において、存在を統制する。そうした統制のもとに、存在は階層づけられる。
バロック的思考において、あらゆる細部に差異が宿り、あらゆる個体のなかに全体が破断的に入り込み、すべてのものがすべてのものと繋がっていると描かれるときに、そこで廃棄されるのはまさにヒエラルキーである。ヒエラルキーが廃棄されるときに際だってくるのが、存在がいとつの声を多様に鳴り響かせることである。≫

≪「かたち」として空間化されたもの、すなわち常識的に考えて現在の経験をなしているものは、二次的な実在にすぎないということである。ベルクソンは、過去の方が現在よりも、存在であることの価値が高いと捉えている。現在とは、流れである現実の一断片にほかならない。そこで流れというあり方を重視するかぎり、過去はあらゆる現在と繋がっていて、そうした一断面である現在とは異なった仕方で(まずは潜在的な「記憶」として)実在しているという。
ドゥルーズも、こうした「現在を逃れる」というあり方に徹底的に固執する。ドゥルーズにとって、現在化して、空間的に明晰な「かたち」をとった場面とは、潜在的な力の存在に対して、二次的なものにすぎない。この点はまったくベルクソンと同様である。「現在」という場面から存在を考えることは、さまざまな哲学的な難問を、あるいはパラドックスを引き起こしてしまう。「現在」という、空間化され明確かされた場面に依存して、世界を思考することはできないし、それでは生成としてのこの世界は把捉できない。このことは、冒頭で述べた、ひとつの「視点」に依存して世界総体は把握しえないという、「俯瞰」そのものを肯定する議論に繋がっている。視点は、ひとつの現在化された位相を特権化するだけなので、それでは潜在的な力の領野は見いだせないのである。
ついで考えるべきことは、とはいえこうした潜在性も、それ自身が現実化していくというプロセスのなかに置かれているということである。そしてこのプロセスこそが、「微分的」な思考の基本になっている。「微分」とは、それ自身は未決定な力の傾向性であるが、それが展開されることによって現実的なもの、すなわち「見えるもの」が形成される、その仕組みを捉えるひとつの技法なのである。≫

≪ルサンチマンの装置が突き動かすのは、まさにヒエラルキーと弁証法である。ヒエラルキーは、この世界の存在者を、超越との近さと遠さによって序列づける。あるいはまさにアナロジー的な論理によって位置を指定する。頂点である超越に接近することはありえないのだが、そこではつねに不在の頂点との距離感によって、自らの位置が測定されてしまう。自らが何であるかは、問いの対象にならない。自分が何かから遠いことだけが、関心の軸でありつづける。その行為が、つねに不調に終わることを運命づけられていることはいうまでもない。
これはどこかで、まさにグローバルなリベラル競争の原型であるようにもおもえる。リベラル社会における個人は、そのすべての力能において、そのすべての個性を発揮し、他者と公平かつ厳正な競争をおこなって財の分配をなさなければならない。すべての標語は、正義と公正性と自己努力になる。他者への責任と自己の責任、この怯えに充ちた小人の試みを、ニーチェが憎悪の対象にしていたことは改めて述べるまでもない。こうした思考をとるかぎり、われわれはどこまでいっても欠如の主体なのである。そこでわれわれは、良心を生きなければならなくなる。われわれの責任を生きつづけなければならなくなる。それは無限に繰り返される、自己否定の作業である。
弁証法は、こうしたヒエラルキー的な発想を補完するものである。それは、否定性と自己の乗り越えとを範型とするかぎり、悪しき仕組みでしかない。弁証法そのものは開かれた装置であるといわれるかもしれない。確かにその通りであろうが、弁証法の中心は自己の否定である。「開かれた」という形容詞はこの場合、自己否定の無限の連鎖にしか関わらない。だからそれは、ヒエラルキー的なシステムが、どこまでも進んでいくことを補完するものでしかない。≫

≪ドゥルーズが、ニーチェとスピノザから獲得したものは、ヒエラルキーのない、そしてそこで働く否定性の影もない、自己肯定的な空間の開示である。それは、頑迷に自己中心性を確保した上で、それを開き直って肯定するものではない。自己が自己であることそのものを、自己中心性なく肯定することである。どうしてそんなことが可能なのか。それは、こうした自己は、自己であることの内側に、他なるものとの繋がりを、それ自身の連続性として秘めているからである(まさにバロック的な発想である)。自己は孤立した空間の内部に、自己だけが住まう領域として存在するのではない。だからそこでは、自己がありながら自己中心性がない。あるいは自己を何かの基準とともに、そこに到達しえないルサンチマンによって追及する必要がない。≫

≪差異は「表象=再現前化」というシステムに従属しないものとしてとりだされるのである。「表象=再現前化」というシステムが、差異を二次的なものとなし、否定的なものに押し込めてしまう。差異は、それとは異なるものとして見だされなければならない。
では「表象」とは何か。それには、つぎのようなはっきりした規定がある。「表象」は「同一性」「アナロジー」「対立」「類似」という論理にしたがって作動するものである。それゆえ、差異である存在は、こうした四つのあり方に捕らわれない仕方で見いだされるべきになる。
「同一性」は「未規定な概念の形式」としてとりだされる。それは「同一」であることを基準として、事象を思考することの根本にあるものである。「アナロジー」という「規定可能な諸概念間の関係」は、先のヒエラルキー的な思考に通じるものだろう。それは同一性を前提として、存在をヒエラルキーとして構成するものである。「対立」という「概念内部の諸規定」の関係とは、まさに弁証法的な議論において見いだされる。そして「類似」という「規定された対象」におけるものは、やはり一種の序列性において存在を思考する議論に適したものである。規定性とは、差異を顕在化させていく過程において、未規定な存在がいかに規定可能性を受け、規定されたものになるのかという、存在そのものの存在者化において主軸をなしている。これら四つのあり方は、そのなかで位置をえているものである。≫

≪第一の時間は、中心化される現在を軸とした、有限な主体の時間であった。第二の時間は、そうした中心性を根拠化するための、無限に届く記憶の包括を述べるための時間であった。だがそうであるがゆえに、第二の時間は、中心的であるものとの、循環を描く事態に収まってしまう。
これに対して第三の時間は、決して中心と循環することのない、無限の直線である開かれた時間である。この時間は、それ自身として経験されることもなければ、経験の枠組みに入ってしまうこともない。逆にいえば、これが経験の枠組みに入ってくるのであれば、その際には、経験そのものの秩序が脱臼化されてしまうことにしかなりえない、そうした時間なのである。≫

[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-28 19:15 | 日記  

5月26日(木) 曇

名鉄上小田井の駅で、ベンチに座って、しばらく時間を潰す。海風のような湿気を含んだ風を浴びて、アン・サリーを聴く。リゾート地で無為な時間を過ごしているような心地よさに包まれる。

何も考えない。

ここしばらくこうした「何も考えない」という在りようを忘れていたように思う。
たぶんおれは、あれこれ考えているつもりで、ただ堂々巡りの思い煩いに囚われていただけだった。

何か困難な状況があるとして、その状況を打開するには、そのためのプログラムを組み立てなければならない。
それは「思い煩う」ということとは、まったく違う頭の働かせ方である。
こんなことは、とうに分かっているはずのことだったのに、それを見失っていた。

何も考えないという「自分の放ち方」は、生成する世界に立脚するという「自分の保ち方」と表裏一体である。
おれは、その哲学を捉えていたはずだったのだが。

夕方。喫茶店で一時間、檜垣立哉『ドゥルーズ入門』(ちくま新書)を読む。BGMは坂本龍一セレクションのグレン・グールド。
途中、覚せい剤を打ったように、異様なほど頭が冴えわたる時間が30分ほど続いた。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-27 19:25 | 日記  

5月25日(水) 曇のち晴

このところ毎朝の日課。庭の柚子の葉についたアゲハの幼虫を殺戮する。庭仕事は妻の趣味だが、妻は毛虫が苦手なので、虫の駆除はおれの仕事になる。
小さなスコップで葉をこすり、糸を吐いて抵抗する幼虫をこそげ落とす。奴等は、その後、黒くて刺激臭のする液体をコップに溜めた“死の沼”(妻が用意したものなので詳しくは知らない)に放り込まれる。小さい奴は放り込まれた瞬間息絶える。しかしすこし成長した奴は、しばらくグニョグニョとのた打ち回ってから死ぬ。奴らがグニュグニュ苦しむさまを、いつもなぜかじっと見てしまう。
毎朝の殺生に麻痺して、あまり気持ち悪いとも思わない。アウシュビッツの役人というのは、こんな心持だったのではないか、などと思う。

片山杜秀『ゴジラと日の丸 -片山杜秀の「ヤブを睨む」コラム大全』(文藝春秋)を読み継ぐ。BGMはインターネットラジオ(アメリカのAOLラジオ)の40年代オールディーズチャンネル。Dinah ShoreやIlene Woodsの砂糖菓子のような甘ったるい幸福な音楽。
適当に一箇所引用する。
≪ぼくが夢想してやまぬのは、黒沢明の『オバQ』。配役はオバQが志村喬、正太が三船、ドロンパが仲代、ゴジラが伊藤雄之助、ハカセが中村伸郎、伸一兄さんが藤田進。≫
読みながら、気づくと目を瞑っている。活字を追っていたはずが、いつのまにか夢が流れている。眠たい。しかしこんなふうにうつらうつらしながら、読字と夢見を交互にくりかえすのも、なかなかに幸福なひとときである。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-25 23:53 | 日記  

5月24日(火) 雨のち晴

(たぶん)沖縄で、タクシーの運転手にお釣りを誤魔化され(千円程度の金額だが)、それに激怒するという、じつにせせこましい夢を見て目を醒ます。外は薄暗い。ザアザアと雨の音。
雨は朝のうちにやみ、家を出る9時頃にはもう上がっていた。雲が明るくて、空は晴れに向かっているようだった。午後にはじっさいに晴れた。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-24 23:12 | 日記  

5月23日(月) 雨

片山杜秀『ゴジラと日の丸 -片山杜秀の「ヤブを睨む」コラム大全』(文藝春秋)を読みはじめる。『週刊SPA!』に1994年から2002年まで連載されたコラムを集めた単行本で、刊行は連載終了後8年が経った2010年。

グリップの効いたコラムは、取り上げられた話題が古くなった後も、その文章がアクチュアリティを失うことはなく、どの時代の読者にも届く。現在の時点から、例えばオウム事件や文殊の原発事故について書かれた文章を読んでいると、それらの事件は人びとの間で話題に上ることが少なくなっただけのことで、現在に至るまでけっして“終わって”はいないことがよく分かる。
一度起こったことはけっして“終わらない”。ただ忘れられるだけだ。“歴史が続く”とはそういうことである。だから、現在をよく見るには、“終わっていない過去”を、何度も掘り起こさなければならない。

「あとがき」で、著者は、この連載が続いていた自身の30代の生活について、こんなふうに書いている。
≪当時のぼくは、大学院の学生で、日本の右翼の政治思想を研究テーマにしていたが、学校には最低限しか顔を出さず、毎日にように、映画館と芝居小屋とコンサートホールと中古レコード屋と古本屋をうろうろしては、コンサートや芝居が終わると同好の士と呑んだくれるか、週末にはさらにしつこく映画館のオールナイトに入り浸って朝一番の地下鉄でねぐらに舞い戻る暮らしだった。特に昔の日本映画、クラシック音楽、歌舞伎や文楽や能、新劇、小劇場系の一部にはこだわっていた。≫

過去は膨大に積み重なり、“よくわからない現在”に繋がっている。
そこから何を話題に取り上げ、どんな切断面を切り出してみせることができるかは、その人の教養とセンスによる。
片山杜秀という人は、しっかりとコクのある教養を身に備え、それらを巧みに切り取ってみせるセンスも持ち合わせているようだ。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-23 23:52 | 日記  

5月22日(日) 曇、のち雨、のち晴

妻が通っている着付け教室のパーティーに行く。おれも和装。おれは自分では帯が結べないので、作務衣のような簡単に着られる和服である。和服だと腹が出ているのもそれなりに様になる。姿見に自分を映して、南方熊楠の有名な肖像写真を連想する。
妻が母と祖母も誘って、四人でテーブルに着いた。妻は、創作浴衣のファッションショーにモデルとして出演するために、パーティーが始まってしばらくは裏方にいた。ファッションショーの後は源氏物語「朧月」の『語り舞』。演者が、語りつつ舞う、という語り舞い。初めて見たが、語り口が程よく淡白で、逆に源氏の世界にすっと入り込めた。楽しかった。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-23 23:03 | 日記  

5月21日(土) 晴

朝。ミスドで昨日買った細野晴臣の新アルバム『ホソノバ』を聴きながら、いましろたかし『いましろたかし傑作短篇集』(エンターブレイン)を読む。細野晴臣の、体の芯を揉み解してくれるようなヴァイブレーションと、いましろたかしの、何も起こらない=すべてが起こる日常の実相を切り取った描写に、ダウナー系の悦楽を覚える。窓から朝の光が差し込んでくるなか、湯気の立つコーヒーを啜りながら、いつまでもこの時間がつづけばよいのに、と切に思う。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-05-23 22:51 | 日記