<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

7/22 金

まだすこし咳が出るがただ胸で破裂するような痛みは無くなった。鼻水が出る。いつも風邪が治りかける頃、鼻の下が爛れたようになるのだが、今度もそうなった。
午前中。久しぶりにマスターベーションすると、久しぶりだったのですごく気持ちがよかった。ただ精神的には何を妄想してもぜんぜん興奮しない。ネットで適当なエロ動画をさがすが、けっきょく興奮はしないまま、ただ生理的には気持ちのいい射精。
午後。サウナ。サウナルームで熱せられた後の冷水が、これも、ものもすごく気持ちがいい。今日は快楽的な日だな、と思う。風呂につかるのも気持ちがいい。風呂につかりながら、「今日は死ぬのにもってこいの日だ」というインディアンの諺(?)を思い出す。
昔読んだユングの本で、その本がどういう本で、じっさいに何が書かれていたのかは覚えていないが、「自己の相対化が完成すれば、生きている理由がなくなり、自然に死ぬことができる」という意味のことが書かれてあった一節があった。それを思い出す。
風呂上り、4時過ぎに遅い昼食を食べる。うな重とレバニラ炒め。空腹だったので、これもとても美味しく感じた。

午前中、福田和也『怪物伝』(ハルキ文庫)を読む。一息で読了。夕方、西谷修+鵜飼哲+港千尋『原理主義とは何か』(河出書房新社)を読む。一息で読了。
『原理主義とは何か』は、1995年-1996に行なわれた3人の鼎談。
ルワンダやボスニアで起きていることが、同時に、例えば日本ではオウム事件のようなものとして起こる。東西の「壁」があったときは、その「壁」との距離を測ることで、空間が計測できていたが、それがなくなり、新しいトポロジーが現出した。hereとthereの区別がない、テレポート的空間、いわば、開かれた閉塞空間だ。以下、このトポロジーを描写するパラグラフを3つ、引用する。
≪我々がこれまで自明だと思っていた境界が全部崩れている。そこにはテクノロジーの進化によって不可避的に進行する人間の生存条件や世界の関係性の変化が、根本から作用しています。さっき「宗教的なもの」と言ったけれども、それはいわゆる宗教の領域にとどまる問題じゃない。いま言ったような変容のプロセスすべてに関わっているんですね。だから宗教の問題も、いわゆる宗教の問題として考えるのではなくて、ある総合的なものをとりあえず「宗教」という枠ですくうという形で、考えなければいけないんじゃないかと思うんです。≫
≪ともかく個体発生のレベルでも、社会的なレベルでも、個の輪郭が消えてアイデンティティが立たないというような状況になっているわけです。非合法化とかマフィア化というのもそのことと連動していて、いわゆる市民社会を支える構成連関だった社会的地位とか、出生とか身元とかの関連付けが問えなくなるような状況でしょう。だから生理学的なレベルから個々の人間の意識そして社会的なレベルにいたるまで、パラレルな形でこの流動化が表れてきている。誰が私なのか。人間はどこから生まれて、どこに行くのか。どこから始まってどこで終わるのか、あるいは始まりとか終わりとかをまったく別の関係の中に置きなおすのか、そういったことをおそらくもう一度、生理学的次元でも、社会的個の次元でもなく、生命的実存の問題として問い直さなければいけないんじゃないかと思います。≫
≪核のような兵器を使う時に、人間が「全面的に私が責任を負う」という論理は出てこないのではないか。日本が戦争に負けた時に折口が見てとったように、それほどの兵器を扱う戦争は一種の神々の戦いになってしまう。そして最終的には全当事者が自分は「神の正義の代理人である」と主張する構造になるのではないか。そこに核と宗教的な原理主義が結びつく根拠があって、これは冗談で言ってはいけないことだけれども、ヒンズーの核があり、アメリカが持つプロテスタントの核があって、イスラエルの持つユダヤ教の核がある。≫

[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-24 00:51 | 日記  

7/22 金

文章を書く速度。文章の体裁に引きずられず、欲動に内破されていくように進む、そのドライブ感を保つための速度というのがある。
そして、結論も見えないまま、一節がどうまとまるか、書いているその時点では見えないまま、書き進められる必要がある。
統制を外し、意識を脱中心化する。
文章がある程度の量積み重なってくると、その全体が意味を帯びて、つじつまをあわせるための、説明のために費やされる言葉が多くなってくる。その重苦しい一塊を、絶えず微分、解体しなければならない。
例えば「風景描写」や「他者の語り」、「異言」を織り込んでいくことで、デコードしつづけるのだ。

佐々木中『アナレクタ1 足ふみ留めて』(河出書房新社)を、一息で読む。
人は自分の死を知ることができない(ブランショ)という認識が、「死の先駆」といったハイデガー的なヒロイズム(ひいては、全体主義-原理主義)を解体するキイである、ということ。ブランショ、レヴィナス、バタイユらの「外の思想」を、「政治」との関連を意識して読み直してみよう。さらに原始仏教、ユダヤ-キリスト-イスラムといった一神教が、「死」をどう捉えているのか。宗教と歴史の交点に、「死の観念」という補助線を引いて考えてみる。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-23 23:55 | 日記  

7/21 木

♪クールなぼくは まるでヤングアメリカン♪去年出たスチャダラパーのベスト(おれが手に入れたのは先週)を聴きつつ。今日はちょっと涼しい。あいかわらず咳が出るが昨日よりはすこし緩和しているようだ。
午後から、チラシの構成、ライティングの仕事。けっこう集中力が要るが、集中するのはしんどいので、すこし進めてはネットに逃避し、別に見たくもないエロ動画を見る。体調が悪いので、興奮することもなく、ただ絡みの演技を眺める。仕事に戻り、そんなふうに何とか形をつける。
ひとりの仕事はしんどい。人と会ってああだこうだ話していると、どんどんアイデアも出るし、その場から逃避したいと思うこともないのだが。ひとりの仕事のときも、人と会ってああだこうだ話す感じで、作業ができないだろうか、とぼんやりと考える。小説家のように、自分を「複数化」するのだ。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-22 08:02 | 日記  

7/20 水

台風6号。空を見上げると雲が速い。名古屋は昼には雨も止んで晴れ間が出る。夕方になってひどく蒸し暑くなった。空気が湿って重苦しい圧迫感。
一昨日から不調。一昨日はくしゃみ、鼻水が止まらなかった。昨日、今日は咳がひどい。咳止めのブロンを飲む。ブロンといえばブロン中毒の中島らもを思い出す。しかし効果なしだ。クーラーの効いている空間に入ると咳がひどくなる。外を歩いていると咳は緩和するものの蒸し暑さにまいっちまう。どちらにしろ不快。歩きながらNORIKIYO『メランコリック現代』を聴く。
何か小説を読みたくなって本屋に寄る。しかしけっきょく何も買わずに出る。小谷野敦が編んだ里見惇の短篇集を見つけちょっとそそられたのだが買うには至らなかった。

小中千昭『ホラー映画の魅力 ―ファンダメンタル・ホラー宣言』(岩波アクティブ新書)を読み終える。2003年の著書。映画における「恐怖」の描写法をメソッド化した、いわゆる「小中理論」について書かれている。
恐怖は「段取り」である。「段取り」ということで連想したのは、高橋洋の「残酷なメロドラマ」に属する『インフェルノ・蹂躙』『蛇の道』といった作品。例えば『インフェルノ・蹂躙』で、冷蔵庫の肉の固まり、飼い犬が肉に食らいつく場面、ステーキを焼く場面、それらの場面の組み立てが人肉食を暗示する。『蛇の道』の、主人公による警察の死体解剖所見の朗読。幼女の拷問殺害場面の直接の描写より、厭な生々しさを想像させる。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-21 08:16 | 日記  

7月12日(火) 晴

事務所にこもって終日パソコンの前。制作のシゴト。夜になって咳が出る。別にしんどいわけでもないが、最近たまにこんなふうに咳が出ることがある。気管支が失調しているのだろうか。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-13 08:38 | 日記  

7月11日(月) 晴

暑くて、汗が噴出す。汗まみれで目が覚めた。
朝っぱらから気分が落ちるメール。け、更年期障害のくそばばあが、と陳腐な悪態をつく。
いや、おれは正しくはない。でも相手が正しいわけでもない。自己嫌悪には陥らない。おれは間違ったまま自分を肯定する。間違ったまま自分を肯定すれば、不安定で攻撃的な気分になる。
修羅の門が開く。そうだ、おれはいつも、この「感じ」を待っているんだ、と気づく。おれは、この魂がざらざらと荒れる「感じ」を、あえて自ら招来している。
ただ、気をつけないと、落ちっぱなしで、喘ぐような重苦しさに潰れてしまう。
こんなときこそ、色川武大が説くように、「フォーム」をキープすることが重要になる。
フォームをキープして、粛々と日常を過ごそう、と、そう姿勢をただす。

SEEDA『HEAVEN』を久しぶりに聴く。初めて、その良さが分かる。「終わりは一瞬」というリリックに、どうしようもないリアリティを感じる。デッドエンドのリアリティ。むせ返るような湿度のなかを、50分歩く。

町田康『ゴランノスポン』(新潮社)を読む。短篇集。表題作の「ゴランノスポン」のココロが破れる寸前の多幸症的な速度感、切迫感、抑鬱感。そのマーブル模様がいまのおれのグラグラした心境とシンクロ。
おれは、やはり、この修羅を愉しんでいる。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-11 23:58 | 日記  

7月6日(水) 晴、夜になって曇

昨日の夜くらいから、すこし涼しくなって、過ごしやすい。クーラーをつけないと、気温の変化に敏感になる。
杉作J太郎『杉作J太が考えたこと』(青林工藝舎)を読み継ぐ。読了。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-07 07:23 | 日記  

7月5日(火) 曇

杉作J太郎『杉作J太郎が考えたこと』(青林工藝舎)、すこしだけ読み進む。今日は、夜になってすこし涼しくなった。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-06 08:14 | 日記  

7月4日(月) 曇

杉作J太郎『杉作J太郎が考えたこと』(青林工藝舎)を読みはじめる。「でもやるんだよ」の精神が貫かれていて、読んでいると元気になる。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-06 08:12 | 日記  

7月3日(日) 曇、夕立

植島啓司『39歳 女の愛の分岐点』(メディア・ファクトリー)を読む。読了。<ジュンク堂>で、女性向けのエッセイコーナーにあったので、見落としそうになった。“フラート”の重要性をめぐって。
夕方、着付け教室の妻を迎えにいく。車で待っていたら、スコールのような夕立が降ってきた。妻を乗せ、ニトリに行き、部屋に敷く夏用のマットを買う。3畳の大きさで4800円。安い。
ゲオに寄り、DVDを借りて帰る。夜はDVDを見る。『インシテミル』、『ゲゲゲの女房』。『インシテミル』は、ホリプロ50周年記念ということで、ただ石原さとみを見るためだけに見る。映画板の『ゲゲゲの女房』はテレビドラマと違い、「貧乏」からくる切迫感、圧迫感にリアリティがあった。1時頃眠りに就く。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-07-05 07:22 | 日記