<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

12月27日

水見稜『マインド・イーター[完全版]』(創元SF文庫)を読む。ME(マインド・イーター)というコンセプトを核にした連作短編。1984年にハヤカワから刊行された同書に、未収録の短編2編を増補して、今回「完全版」として復刻された。

小松左京『ゴルディアスの結び目』に深くインスパイアされた、という著者の言を読んで、読んでいるあいだ感じていたある「懐かしさ」の正体が知れたように思った。『ゴルディアスの結び目』が刊行されたのが1977年。小学5年生のおれは、当時、かなり背伸びをしながら読み進み、8割がた理解できないまま、しかし大きな興奮を覚えて読み了えたのだった。その興奮の鮮やかさが、読中、何度も蘇った。
SF自体が、そういえば久しぶりのような気がする。人文学の知見と科学の言説を、メタファーのなかで接続する、わくわくするような知的高揚感(いわゆる「センス・オブ・ワンダー」)を久しぶりに味わった。

「解題」に、最初の短編「野生の夢」掲載時に添えられた「作者あいさつ」が引用されている。書き写しておく。
≪人間の生物としての進化、進歩が直接的ではないとしても、いま我々がいる平原(プラトー)が頂上であるかもしれないなどとは誰も想像しないだろう。私はそんな話が書きたかった。
進歩というものには必ず停滞期、平原(プラトー)があり、その間も営為を重ねていてはじめてある日突然再び進歩が始まるのである。逆に言えば、人は平原(プラトー)があるからこそ、その後の進歩を信じているような気もする。
しかし、もう二度と登り坂はやって来ないかもしれないのだ。
そして、平原の向こう側からまったく別の物が登ってくるかもしれない。私はメタファーの試行錯誤をしながら、この状態を描写してみようと思う。
このマインド・イーターの話は、一連の連作のような形になると思うが、この形式を選択するとき心の中心にあったのは、小松左京氏の『ゴルディアスの結び目』である。
メタファーによるメタファーのイミ解明の試みは、私を驚愕させた。SFには、まだこんなことができるのかと思った。『ゴルディアスの結び目』は、(小松作品は他のどの作品も私のひとつの核だけれど)常に意識の中心にある。
私は今回、もっと不整合な連作を書こうとしている。私自身わけがわからなくなりそうないやな予感もするが、楽しい仕事になりそうな気もする。
気長に待っていただきたい。≫


直接の関係はないが、キャンベルの神話論、白川静の古代中国論が読みたくなった。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-28 12:30 | 日記  

12月26日

夜、DVDで『やくざ戦争 日本の首領』。中島貞夫監督。佐分利信、鶴田浩二主演。その他東映の実録やくざ映画に常連のオールスターキャストで、1977年の作品である。

1977年といえば、もう東映実録ヤクザ映画も、そろそろ爛熟を通り越して、下火になりつつある時期にあたる。ジャンルの盛衰にはさまざまな要素があるのだろうが、東映ヤクザ映画の場合、端的にネタ切れということも大きいように思う。やくざの勢力拡大の抗争がドラマチックだったのも、戦後混乱期から高度成長期まで、ということだろう。

この作品では、“日本版ゴッドファーザー”を意識して作られているということで、ゴッドファーザーといえば、その主題は“父性”ということになる。
しかし、佐分利信には、マーロン・ブランドのような強圧的な“父性”は感じられず、これは現代の日本社会において“父性”が、機能していないのだからあたりまえである。
むしろ例えば『仁義なき戦い』シリーズは、父性の機能不全を、金子信雄という道化的なキャラで描き出していたのではなかったか。

しかしやはりなんのかの言っても、おれは東映の実録ヤクザ映画には心躍る。おれが映画に求めるのは、やはり“闘争”(直接的な暴力から、権力争いまで)なのである。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-27 13:59 | 日記  

12月26日

午後。サティを聴きながら、小林勇『蝸牛庵訪問記』(講談社文芸文庫)を読み継ぎ、読了する。

幸田家、露伴と文の親子関係について書かれた一節。
≪文子さんは兼々自分は父から愛されていないといっていたし、そう信じていた。また古いことを知っている漆山又四郎氏も、文子さんは亡くなった歌子さんのように可愛がられなかったと私に話したことがあった。しかし、私はそうは考えなかった。私の知っている限り、先生は小言はいうが、その境遇を案じ、いつも心にかけていた。たとえば文子さんが帰ってきたころ「自分が育てたころのあれのよさがこの十年間にすっかり荒らされてしまった」といい、それを取りかえさなければならないと文子さんに遊芸の道にふたたび遊ぶことをすすめた。そして或る時は、「文子は大変よくなって来たよ」といった。
私は先生の文子さんに対する態度や、愛し方は独特なものであり、非常に厳しいが、それだけ純粋で高いものだと信じていた。時に文子さんがその問題にふれたときには、言葉少なに自分の考えをいうより他仕方がなかった。親子互いに愛していながら、少しも甘い空気が出て来ない、それが幸田家伝統のものだろうと私は考えていた。≫

[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-26 16:58 | 日記  

12月26日

朝起きたら雪が積もっていた。
f0137098_1449431.jpg

[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-26 14:50 | 日記  

12月25日

終日家で炬燵でとろとろ。妻も炬燵のなかでアメーバピグ。PONTA、KURO、SAKURAも、炬燵の周辺で丸くなっている。
昼飯はS夫妻と連れ立ってそばを食いに行く。底冷えする寒さに、せいろではなく鴨南蛮を注文する。一味をたっぷり振って食す。顔が赤らむほど、ぽっぽとする。
夜飯は妻がネットで取り寄せたズワイ蟹。脚ばかりで1.5kgある。鍋にしてふたりでひたすら蟹を食らう。夜になって雪がちらつきはじめた。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-26 14:47 | 日記  

12月24日

クリスマスイブ、ってことだが、何をするでもなく、夜飯はマクドナルドで買ってきたチーズバーガーセットを、妻と食べて済ます。テレビを点けっ放しにして、「出没街アドック天国」で新宿二丁目が特集されているのを何となく眺めつつ、鮪オーケストラ『少々生臭いお話』(エンターブレイン)を読む。

飛行機の飛ぶ空。「爆弾のひとつも落としてけってぇの」「役立たず」団地の屋上で煙草を吸う人妻がつぶやく。「私の名前はヅーマ。暗黒高島平界隈ならどこにでもいる至極平凡な主婦である。山賊刑事をやっている夫が家に戻るのは月に一度。殿様探しの旅に出た19歳の一人息子はもう2年戻ってきていない。パートもせず英会話教師狩りを一緒にする友人もいない私にとって団地内の散歩は格好の暇つぶしである」。そうして主婦が、だだっ広くて、夢のように歪んだ団地内を歩き始める。……1話目の出だしから足を取られ、そのままこのキチガイじみた世界に引きずりこまれてしまう。

言葉のセンスは「voxxxx」の頃の電気グルーヴの歌詞、世界観は「1万円ライブ」の頃の松本人志のコントのようだ。ともかく気色悪くて、気味が悪くて、ただ内臓がくすぐられるような痺れが癖になる。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-25 10:02 | 日記  

12月24日

陰鬱な気分に陥ったときは、外界を遮断して、無重力状態のなかを3、4時間も過ごせば、たいていそれで胸騒ぎは静まり、いつものように何もかもが取るに足らないことのような、根拠もなく向日的な気分が回復する。
昼、銀行に金を下ろしにいき、残金がほとんどなくなっていることに気づき、体調不良もあり、他にもいくつかの小さな気がかりが重なって、何だか人生が不安になってきたので、秘密基地に、コンビニで買ったスナック菓子と炭酸ジュースを持ち込み、creamやxtcを聴きながら、みうらじゅん×リリー・フランキー『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』(扶桑社)を読んだ。夕方にはいつものへらへらした自分が戻ってきていた。

人間関係について、大事なのは「具合い」である、というのが、さすがに真実は身も蓋もない。
≪「心底安心できるのは、具合がいい人といるときですよ」「性格のほうで補おうとするんだけど、やっぱり「具」には勝てないんだね」「具合のいい人に出会ったときに、腕とか顔に触れているときから何か分かるじゃないですか。そのフィット感っていうか、くっついたときに隙間が空いてないんですよね」「テンピュールのように、「にちゃー」っと埋まるような感じのね」≫
異性と付き合う基準が容姿か性格か、なんてのは、人間関係の「どうしようもなさ」について、あまり思い巡らせたことのない者が弄する二者択一で、要するに二つともどうでもよくて、重要なのは「具合い」なのである。

それから、若い人間が持つ“キャリア志向”の多くが、「説教がましいだけの大人に毒された」“間違った向学心”でしかない、という、おれが仕事でかかわる種類の人間が陥りがちな陥穽が言い尽くされている箇所を引いておく。
≪「自分の好きなことをやり続けている人って、結構みんな食えてるんですよ、実は。ただ、若いときの方がバランス感覚がいいっていうか、大人に毒されているから、いろんな人を見たり会ったりして勉強しようとかっていいますよね。でも、そんなことしてたら、絶対にバカになりますよ。だって、ほとんどの大人はバカなんだし、若いやつに一生懸命話している大人は説教したいだけか、ヤリたいだけかどっちかでしょう。
人に会うということは、あくまでそこから「ヒント」だけ得られればいいわけで、その人から直接何かを教わる必要はないと思うんですよ。それなのに、今の若い子たちは「新しいことをするためにたくさんの人の話を聞きたい。人に会うことが財産」とかいって、必死こいてぜーぜー言ってるわけですよ。でもそれって、「お前は営業マンか」ってことじゃないですか。若いときにそんなことしても埋没するだけなのに≫


未来予想図などというものが当たった試しはない、将来において確実なのは「必ず死ぬ」ということだけである。だから、大切なのは、常に「今」だけなのである、とこう結論付けると、これ、ほとんど上座仏教の教説ではないか。
≪なにか計画立てて考える人って、人生を線路に例えてみたり、とにかく一本の線だと思ってるじゃないですか。でも、人生とか時間というのは線ではなく点の集合体でしょ。だからつなげて物事を考えていくっていうのは、本質的な意味で間違っているわけだし、そりゃあ、うまくいかないですよね。金を貯めてりゃ誰かに持っていかれ、結婚しても失敗して……って、点だから起きる「予測できないこと」ですよね≫
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-24 18:41 | 日記  

12月24日

咳が出て夜ぐっすり眠れない。咽喉が炎症をおこしているようだ。夜まともに眠れないから昼周期的に眠たくなる。喫茶店に入ると暖かくて席に着くとそのまま意識が薄れる。眠気に浸されると咽喉の違和感も薄れ、聴きっぱなしの音楽が心地よくグルーヴするのに委ねてうつらうつらする。

今朝は店に入っても眠気に浸されることもなく、坂本龍一がセレクトしたグールドのバッハを聴きながら、小林勇『蝸牛庵訪問記』(講談社新書)を読み始める。
小林勇は岩波の編集者。幸田露伴との交わりを、昭和二年から編年体で追って書き留めている。露伴が還暦を越えたあたりからの記録となる。
ところどころで、折々に露伴が著者に語った言葉が、まとめて録されている。
≪今から十年くらい前までは、物事を、うむとこらえるということをいいことだと思っていた。悲しいことははねのける。そうして心の平衡を保つことにした。ところがそれは自分勝手だと思うようになった。人の苦しみを苦しみとしてちゃんと自分もそれに応じてじんわりと苦しむ、そうふうになってから、わたしは余計年をとるようになったと思う。≫
露伴の書くものには、身ごなしや精神の折り目正しさを感じるが、ちっとも力んだところ、押し付けがましいところがなく、それは露伴独特の柔軟性によるものだと感じる。露伴の底の知れない教養の身につけ方にも、対人関係における包容力にも、その独特の柔軟性が感じとれる。

ユングを連想する。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-24 12:34 | 日記  

12月17日

夕方。のど飴を舐めながら、駅裏をぶらつく。手が冷たくなるような寒さ。景気づけにHard bop。Hank Mobley『WORK OUT』(61年録音)を聴いて、体を揺らす。ギターGrant Green、ピアノWynton Kelly、ベースPaul Chambers、ドラムPhilly Joe Jones。
中古レコードショップ<69>の前を通りがかり、ふと寄ってみよういう気になって、狭い階段を上がる。店に入ると、CDの棚が減っていて、閉店セールの張り紙が目にとまった。今月で閉店するらしい。この店はそもそも値付けが安いが、さらに2、3割安くなっている。KRAFTWERK『minimum-maximum』(2003年のTOUR DE FRANCEリリースのときのワールドツアーの時の2枚組LIVE盤)、XTC『THE COMPACT XTC』(78年-85までのシングルを18曲集めたベスト盤)、ISOTOPE217『WHO STOLE THE WALKMAN?』(2000年発売のISOTOPE217の3rd。2000年といえばおれは“音響派”を漁っていた時期で、これもそんな文脈の中で聴いた覚えがある。今聴くとまた違って聴こえる予感)、MILES DAVIS『doo-bop』『永井豪の世界』(永井豪のアニソンを集めた企画盤。「マジンガーZ」「キューティーハニー」「デビルマン」「ドロロンえん魔くん」他)の5枚を購う。5枚で4000円。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-18 08:31 | 日記  

12月17日

大きな屋敷がつづく、庭に植えられた樹木の翳の落ちる、すこし薄暗い街路を歩いていると、細い川に架かった、ほんの十歩ほどで渡れる小さな橋の欄干に凭れ掛かるようにして、おそらくは60代になりかかったあたりの老婦人が、スケッチブックに色鉛筆で絵を描いていた。
何となく覗き込むと、そこには川のほとりの景色、しょぼしょぼとした水の流れと、葉の落ちかかった街路樹の淋しげな枝ぶりが描かれていた。画題とするにはあまりに何でもない景色だが、サラサラと色鉛筆を動かすその筆さばきはなかなかの熟練を感じさせる。それで「うまいもんだな」と思わず感想が口から漏れた。
老婦人は、一瞬きょとんとした顔を向け、すぐに小さく会釈をして、「どうも」とお礼のようなものを返して、おれが目礼すると、そのまままた絵を描く作業に戻っていった。
最近どうも口が緩いというか、ぼんやりしているとつい思ったことがそのまま口から漏れ出てしまう。離人症の症状が進んでいるのだろうか。気をつけないといけない。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-17 17:17 | 日記