11月25日

朝、いつもの喫茶店でコーヒー、1時間半の読書。塚原史『記号と反抗 -二十世紀文化論のために』(人文書院)を読む。塚原史の、シュルレアリスムを中心とした、20世紀初頭のアヴァンギャルドをテーマにした文章は、これまでにもいくつか読んでいる。テーマに沿って、人物や現象を横断する、その足取りが好きな書き手のひとりだ。この本は1998年の発行で、1990年代に書かれた文章が纏められている。
目次を引く。
Ⅰ世紀末文化地形図
1.アヴァンギャルドの原風景
 ダダの身体―ツァラとバタイユ
 シュルレアリスムと世紀末
 エクリチュールの彼方へ―シュルレアリスムと「自動既述」
2.三十年代の地理学
 三十年代文学のABC―幻想の共同体の誘惑
 性と聖のはざまで―バタイユとカイヨワ
3.地殻変動のあと
 ボードリヤールとの旅―消費社会と廃墟の風景
 『テル・ケル』と詩的言語の革命の行方
 ボルタンスキーの暗い部屋
 コルセッティの「抽象の部屋」
 荒川修作が来た日―「天命反転」の逆説
Ⅱ世紀の紋章としての写真
 反記号としての写真
 写真の二十世紀/二十世紀の写真


「シュルレアリスムと世紀末」から、一節、引用する。
≪『宣言』の冒頭の一句が断定していたように、彼にとって「現実生活」とは「生の、もっとも仮称的な部分」にほかならなかった。ところが、日常的な時間の経過において、人びとはこの目の前の生を生きること以外の可能性を思いつくことがないから、彼らにとって、それはむしろ生の、もっとも確実な部分なのである。
しかし、何かのきっかけ(この、何かが問題だ)で、現実生活への信頼が失われるとき、そこに生じる奥深い亀裂や激しい断層からは、あの「複数の生の見通し」が突然そうに顔をのぞかせることになる。それはまるで、少年レヴィ=ストロースを感動させた「二つの地層の接線」の彼方に立ちあらわれる太鼓の二つの海洋のように、人間という不可解な地層の深部にひそむ未知の領域を出現させるだろう。
「文学」あるいは「詩」などと呼ばれてきた、言語表現という小さな世界にも、同じ事件が起こることをシュルレアリストたちはもくろんでいたから、彼らはまずこの世界への信頼を失わさせることこそが「複数の生」を蘇生させ、言葉の新しい可能性を引き出すための有効な手段であると信じたのだった。「反文学」というスタイルは、あきらかにこの確信から生じている。≫

[PR]

# by daiouika1967 | 2011-11-26 08:17 | 日記  

11月24日

朝、いつもの喫茶店でコーヒー、1時間半の読書。鶴ケ谷真一『紙背に微光あり ―読書の喜び』(平凡社)を読む。鶴ケ谷真一は引用のパッチワークのセンスがいい。引用元の趣味もおれの好みだ。読んでいて、次々に読みたい本が、心のメモに溜まる。

午前中から午後にかけて、2時間デスクワークに没頭。昼過ぎ、会社を出る。午後、喫茶店で鶴ケ谷真一を読み継ぎ、読了。夕方から夜10時まで、再びデスクワークに没頭する。
家に帰り、眠くなるまで吉田健一『瓦礫の中』(中央公論社)を読もうと書を開く。結局最後まで読みきってしまった。戦後、防空壕で暮らしていた夫婦が、しだいに復興していく周囲、自分たちをどう感じとるのか、時間の流れのなかでの意識が描かれている。
人はどんな状況にも慣れ、日常を自明のものとする。時代が動くとは、その日常に断裂が入るということだ。時代は均一に流れるわけではない。周囲を見回せば、自明だった景色に、ところどころ軋むような違和を感じるようになる。
[PR]

# by daiouika1967 | 2011-11-26 07:35 | 日記  

11月23日

雨の休日。体が重い。昔録画してそれっきりになっていた「沈まぬ太陽」を見て、そのまま炬燵の布団にくるまりうとうとする。目が覚めると全身がふやけたように力が抜けていた。目が痒い。ぼーっとして終わる。
[PR]

# by daiouika1967 | 2011-11-26 07:16 | 日記  

11月22日

晴天。
朝、原田和典『世界最高のジャズ』(光文社新書)読了。

溜まっている仕事を消化する。おおむね、予定通りに片がついた。

夜、テレビを点けっぱなしにして、森村誠一『自薦恐怖小説集 人間溶解』(角川ホラー文庫)を読む。ブックオフで100円だったので買ってきた本。疲れた夜にはちょうどいい「火曜サスペンス劇場」感覚。
[PR]

# by daiouika1967 | 2011-11-23 08:18 | 日記  

11月21日

曇天。ときどき雨。冬のように寒い。

原田和典『世界最高のジャズ』(光文社新書)読み始める。
ジャズのビッグネームの聴き所を解説した啓蒙ガイド。著者は1970年生まれなので、ほぼ同世代。父親がジャズ好き、という音楽環境も似ている。
取り上げられているのは、ルイ・アームストロング、デュークエリントン(「ジャズはいきなり革命だった」)。チャーリー・パーカー、バド・パウエル、クリフォード・ブラウン、ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン(ジャズの心臓―アドリブに人生を賭けた“即興の鬼”たち)。マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、チャールズ・ミンガス、アート・ブレイキー(強烈な支配力と構成力―オルガナイザーたちとそのグループ)。オーネット・コールマン、エリック・ドルフィー、セシル・テイラー、アルバート・アイラー(美は乱調にあり―“一聴猛毒”の冒険者たち)。ディジー・ガレスピー、ウェス・モンゴメリー、ローランド・カーク(熱いブイヤベースのごとく―世界音楽としてのジャズ)。ジャッキー・マクリーン、リー・モーガン、ウェイン・ショーター(音一発の説得力―ジャズの蟻地獄に引きずり込む愛すべきプレイヤーたち)。

f0137098_895557.jpg


f0137098_810915.jpg


f0137098_8101771.jpg


[PR]

# by daiouika1967 | 2011-11-23 08:11 | 日記