タグ:中島貞夫 ( 1 ) タグの人気記事

 

12月26日

夜、DVDで『やくざ戦争 日本の首領』。中島貞夫監督。佐分利信、鶴田浩二主演。その他東映の実録やくざ映画に常連のオールスターキャストで、1977年の作品である。

1977年といえば、もう東映実録ヤクザ映画も、そろそろ爛熟を通り越して、下火になりつつある時期にあたる。ジャンルの盛衰にはさまざまな要素があるのだろうが、東映ヤクザ映画の場合、端的にネタ切れということも大きいように思う。やくざの勢力拡大の抗争がドラマチックだったのも、戦後混乱期から高度成長期まで、ということだろう。

この作品では、“日本版ゴッドファーザー”を意識して作られているということで、ゴッドファーザーといえば、その主題は“父性”ということになる。
しかし、佐分利信には、マーロン・ブランドのような強圧的な“父性”は感じられず、これは現代の日本社会において“父性”が、機能していないのだからあたりまえである。
むしろ例えば『仁義なき戦い』シリーズは、父性の機能不全を、金子信雄という道化的なキャラで描き出していたのではなかったか。

しかしやはりなんのかの言っても、おれは東映の実録ヤクザ映画には心躍る。おれが映画に求めるのは、やはり“闘争”(直接的な暴力から、権力争いまで)なのである。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-27 13:59 | 日記