タグ:水見稜 ( 1 ) タグの人気記事

 

12月27日

水見稜『マインド・イーター[完全版]』(創元SF文庫)を読む。ME(マインド・イーター)というコンセプトを核にした連作短編。1984年にハヤカワから刊行された同書に、未収録の短編2編を増補して、今回「完全版」として復刻された。

小松左京『ゴルディアスの結び目』に深くインスパイアされた、という著者の言を読んで、読んでいるあいだ感じていたある「懐かしさ」の正体が知れたように思った。『ゴルディアスの結び目』が刊行されたのが1977年。小学5年生のおれは、当時、かなり背伸びをしながら読み進み、8割がた理解できないまま、しかし大きな興奮を覚えて読み了えたのだった。その興奮の鮮やかさが、読中、何度も蘇った。
SF自体が、そういえば久しぶりのような気がする。人文学の知見と科学の言説を、メタファーのなかで接続する、わくわくするような知的高揚感(いわゆる「センス・オブ・ワンダー」)を久しぶりに味わった。

「解題」に、最初の短編「野生の夢」掲載時に添えられた「作者あいさつ」が引用されている。書き写しておく。
≪人間の生物としての進化、進歩が直接的ではないとしても、いま我々がいる平原(プラトー)が頂上であるかもしれないなどとは誰も想像しないだろう。私はそんな話が書きたかった。
進歩というものには必ず停滞期、平原(プラトー)があり、その間も営為を重ねていてはじめてある日突然再び進歩が始まるのである。逆に言えば、人は平原(プラトー)があるからこそ、その後の進歩を信じているような気もする。
しかし、もう二度と登り坂はやって来ないかもしれないのだ。
そして、平原の向こう側からまったく別の物が登ってくるかもしれない。私はメタファーの試行錯誤をしながら、この状態を描写してみようと思う。
このマインド・イーターの話は、一連の連作のような形になると思うが、この形式を選択するとき心の中心にあったのは、小松左京氏の『ゴルディアスの結び目』である。
メタファーによるメタファーのイミ解明の試みは、私を驚愕させた。SFには、まだこんなことができるのかと思った。『ゴルディアスの結び目』は、(小松作品は他のどの作品も私のひとつの核だけれど)常に意識の中心にある。
私は今回、もっと不整合な連作を書こうとしている。私自身わけがわからなくなりそうないやな予感もするが、楽しい仕事になりそうな気もする。
気長に待っていただきたい。≫


直接の関係はないが、キャンベルの神話論、白川静の古代中国論が読みたくなった。
[PR]

by daiouika1967 | 2011-12-28 12:30 | 日記