人気ブログランキング |

タグ:田山花袋 ( 1 ) タグの人気記事

 

7月23日(水) 晴

今日はすこし重要なプレゼンがあった。うまくいけば秋までは安泰だ。逆に結果が悪ければ早急に金策をしなければならない。のるかそるか。あいかわらずタイトロープな日々である。
昨日の夜、今日の午前中と、このプレゼンのための資料を作成した。資料を作りながら、頭の中で何度かプレゼンのシミュレーションをする。昼過ぎくらいに資料が完成し、シミュレーションの組み立ても終わった。プレゼンは夕方からである。午後は昨日途中まで読んだ田山花袋『東京の三十年』(岩波文庫)の続きを読んで過ごした。田山花袋が過ごした明治の東京、その三十年の風景、文壇の変遷が回顧的に描写されている。国木田独歩との交流の描写に明治の時代を感じた。

4時からプレゼン。某社の社長と専務を前に、プレゼンは、自分で想像していた以上に和気藹々と進んだ。うまくいった。これでこの夏は乗り切ることができる。
帰りにエスカ地下街の本屋に寄り、雨宮処凛・萱野稔人『「生きづらさ」について ―貧困、アイデンティティ、ナショナリズム』(光文社新書)、ジョージ秋山(監修:黄文雄)『マンガ中国入門 ―やっかいな隣人の研究』(ゴマ文庫)、臼井宥文『日本の富裕層』(宝島SUGOI文庫)を買う。
高島屋のデパ地下で桃を買って帰った。

夜、DVDで『FREEDOM』vol.4、5を観る。
眠る前に、雨宮処凛・萱野稔人『「生きづらさ」について ―貧困、アイデンティティ、ナショナリズム』を読む。

<生きづらさ>は、グローバル化の中で<格差社会>が進んだことからくる経済構造的な問題でもあるのだが、そもそもその経済構造のなかでいわゆる「負け組」になってしまう原因には、「今の高度化したコミュニケーションからの脱落」という問題がある。

《いまの社会では、場の空気を読んで、相手の感情や行動を先回りして、互いのコンフリクトがけっしてあらわれないようにふるまえっていう要請がすごくあるじゃないですか。そうしないと、自分のことをまわりから認めてもらえないし、自分の居場所もつくれない。そういうハードルの高い人間関係のかたちがあるから、一度それにつまづいてしまうとなかなか立ち直れない。つまり、コミュニケーションのあり方が生きづらさのもともとの原因にある。
コミュニケーションのなかで要求されるスキルや繊細さって、時代のなかでどんどん高度になっているんですよね。だから勝ち組の年長者は、いまの生きづらさのリアリティがまったくわからなかったりする。》

《いじめは、子供たちや若者たちのコミュニケーションの能力が下がって、人間関係が希薄になったから起こっているのではありません。逆に、コミュニケーション能力がここまで要求されて、何らかの緊張緩和がなされないと場を維持することができないから起こっている。そこで実践されているのは、空気を読んで、相手の出方を先回りし、まわりに配慮しながら場を壊さないようにする、という高度なコミュニケーションです。》

《何らかの共同体に所属し、そのなかで認められたり必要とされたりするというのは、いまのコミュニケーション重視型の社会のなかでは一種のアジール(避難所)としての役割をもっていますよね。
たとえば親子という共同体のなかでは、子供は何か特別な能力があったり、他の子供よりすぐれているから、親から認められたり必要とされたりするわけではありません。その親の子供である関係そのものが、子供に「無条件に認めてくれる居場所」というのを与えてくれる。共同体というのは、そうした「無条件に認めてくれる居場所」を、所属によって与えてくれるものなんです。
これと対極にあるのが、いまのコミュニケーション重視型社会です。そこでは、流動化した人間関係のなかでそのつど他人から認められるよう努力しなくてはいけない。流動化した人間関係のなかで他人から承認されるためには、たとえばイケメンだったりキレイだったり、トークが冴えていたり、あるいは他人にアピールできるような特別な能力や資格、ステイタスをもっていないといけません。つまり、最近よくいわれるコミュニケーション能力や人間力というものが備わることで、初めて人は他人から認めてもらえる可能性を手にするわけです。
こうしたコミュニケーション重視型の社会と、共同体的な承認のあり方を比べたとき、どっちがいいのかというのはたしかに難しい問題です。たとえば共同体というのは、人びとに安定的な承認をもたらしてはくれますが、同時に排他的だったり、ややこしい共同体のルールやしがらみを押し付けたりもします。だから流動化した社会のほうを「解放だ」と考える人がいるのもわからなくはありません。
ただ、確実にいえるのは、まったく共同体的な承認なしにコミュニケーション重視型の社会を生きていくのは相当キツイということです。人間、誰だって失敗するし、うまくいかないことだってあります。そんなときに「それでいいんだ」とか「大丈夫だよ」って無条件に受け入れてくれるような居場所があるとないとでは大違いですよね。そうした居場所があるからこそ、いまのコミュニケーション重視型の社会で失敗を恐れずにやっていこうという気にもなるわけですし。》

by daiouika1967 | 2008-07-24 23:50 | 日記